平和外交研究所

中国

2017.10.10

劉鶴 中国の改革派経済学者

 習近平主席の経済問題に関する側近である劉鶴について、米国に本拠地がある『多維新聞』10月8日付は次の特集記事を掲載している。

 劉鶴は1952年生まれ。劉鶴の父親は陜西の副省長級の指導者であり、おそらく習家と何らかの絆があったはずだとも言われている。劉鶴は、高級幹部子弟が通う101中学で習近平と同級生であり(注 もっとも習近平については別の学校に通っていたという説もあるが、いずれにしても幼少時からの知り合いであったことは間違いないようである)、習氏の信頼は厚い。
 劉は中国人民大学工業経済系を卒業後、ハーバード大学ケネディ・スクールオブガバメントでMPAを取得。現在、中財弁(中央財経領導小組弁公室。経済政策策定のかなめ)主任兼国家発展改革委員会の副主任。

 劉鶴は江沢民、胡錦涛および習近平各主席の経済演説を起案し、五か年計画についても第13期まで一貫して関与してきた。
 政策決定者のなかでもっとも強固な改革派であり、資源配分は市場に決定させるべきだと主張している。2016年、経済学者の林毅夫および張維迎との産業政策に関する論争において、劉鶴は古い産業政策を捨てること、産業政策に市場機能をもっと導入すべきことを主張した。中財弁はかつてのような裏方でなく、今や政策決定の前面に出てきている。
 習近平は党大会後、従来より多くの時間を経済問題に割くことになり、劉鶴の重要性はさらに高まるだろう。第19回党大会後、いずれ副総理に昇格すると見られる。

 劉鶴は改革開放の初期に大活躍した朱鎔基と比べられる。朱鎔基は1991年末、上海市書記であったが、鄧小平に抜擢されて経済担当の副総理になり、以後12年間にわたり中国経済の飛躍的発展の基礎を作った。

 朱鎔基や温家宝の時代と比べ、今、経済政策はすべて国務院で決定されている。習近平は18回党大会後、全面深化改革領導小組(深改組)を率いて一部の経済政策を握った。現在、経済政策は国務院、中財弁、中国人民銀行の3勢力が動かしている。劉鶴は中財弁を率いて改革の中枢にある。

2017.10.04

胡春華-政治局常務委員になれるか

 胡春華広東省書記(同省のナンバー1)は、5年前の第18回党大会で胡錦涛前主席の後押しを受け、40代の若さであったが中国共産党の政治局に入った。そのころは、次回の党大会(今次大会のこと)で政治局常務委員に昇格する、つまりトップ7になることが確実視され、しかも習近平主席の後継者として最有力候補だと目されていた。
 胡春華は胡耀邦元総書記、胡錦涛前主席、李克強現首相と同様、中国共産主義青年団(共青団)出身であり、このような人たちは「団派」と呼ばれる。共青団は中国共産党のトップ指導者を輩出してきたエリート養成機関なのである。胡春華は共青団で最高の地位である「中央書記処第一書記」に上り詰めたのち、2008年以降は河北省省長、内蒙古自治区書記などを経て現職の広東省書記に就任した。
 ここまでは順調だったが、習近平政権下で状況が変わってきた。習氏は共青団が「官僚主義、形式主義、享楽主義」に陥っていると批判するようになり、人事面でも予算面でも共青団に厳しい措置を取った。ある座談会で、「共青団は格好ばかりで実がない」などと面罵したこともあった。人民日報が報道しているのだからその通りなのだろう。その場には胡春華の2代後の共青団第一書記である秦宜智がいたのだが、同人は間もなく、「国家質量監督検験検疫総局の副局長」に左遷された。2段階くらいの降格人事であった。
 
 時間的には前後するが、さる7月中旬、重慶市の書記が孫政才から陳敏爾に交替した。孫政才書記は胡春華と並んで次世代のリーダーの一人と目されていたが、習氏に評価されず失脚した。名目は汚職と職務遂行がよくなかったことだが、真相は分からない。その夫人にも問題があったと言われている。
 孫政才は「団派」ではないが、この政変は胡春華にとって危険な信号であり、習氏の意図を察知(忖度?)して「後継者となる気持ちはない」という上申書を党中央に提出したという。自分には野望はないと表明して習近平を安心させようとしたという話だが、それで解決するような簡単なことでない。単なるうわさかもしれない。
 陳敏爾は、習近平が浙江省の書記であったときからの信頼する部下であり、今回、習氏は陳敏爾を総書記の後継者として選んだとも伝えられている。そうであれば、陳敏爾は今次党大会でナンバー3の地位に就くことになる。これは本人のこれまでの経歴からして大抜擢だが、はたして中国を引っ張っていけるか疑問なしとしない。
 実績の点では副首相の汪洋のほうが上である。汪洋は若いころ共青団で認められたので話が複雑になるが、胡春華などのように共青団のトップになったわけではない。そのため、汪洋は普通、「団派」とは言われない。

 今回の党大会で確定される新人事により、胡春華が一体どのような状況にあったのか、はっきりしてくるだろう。

2017.10.02

汪洋は中国のトップ7入りか

 汪洋は現在国務院副総理だが、来る第19回党大会では政治局常務委員(トップ7)になると見られている。香港の『明報』紙10月2日付の評論などを参照しつつ、同人のプロフィールを描いてみた。

〇汪洋は貧しい家庭に生まれ、しかも幼い時に父を失ったので、高等学校も卒業できず、故郷の安徽省宿県(現宿州市)の食品工場で働き始めた。そこから努力を積み重ね、副総理まで上った立志伝中の人物である。
 中国の指導者は今や高学歴であり、たとえば、現在の政治局常務委員(トップ7)は全員大学卒である。ただし、劉雲山だけは師範学校卒であるが、実質的には大卒と変わりない。劉は教師や新華社の記者を務めたこともある。
 汪洋は後に中国科学技術大学で工学修士号を取得したので、普通の履歴書では「大卒」となるかもしれないが、それにしても異例の経歴を持つ人物である。

〇汪洋は共産主義青年団(共青団)で認められ、共青団安徽省委員会の副書記にまで昇進した。
 1999年、中央に呼ばれ国家発展計画委員会の副主任になった。これは次官クラスである。このときは朱鎔基首相に認められたという。
 2005年、重慶市書記(ナンバー1)に就任。重慶は北京、上海、天津とともに中央の直轄市であり、そのナンバー1は部長級(大臣級)である。
 汪洋は重慶でも認められ、胡錦涛総書記により、2007年の第17回党大会後に広東省書記に配置換えされるとともに、政治局員(トップ25)に抜擢された。「二階級特進」だったと言われている。

〇このような経歴から王洋は共青団派だと見られている。習近平主席は共青団の官僚主義的傾向を批判し、その予算を削るなどしており、共青団派の人物には厳しい見方を示している。しかし、汪洋は改革に熱心な経済の実務家であり、官僚主義的なところがない。率直で分かりやすい発言で知られており、記者のインタビューにも積極的に応じている。
このようなことからか、習近平主席の覚えもよく、外遊にもしばしば同行している。2017年4月、習氏がトランプ大統領と初の首脳会談を行った際も汪洋は同行していた。

〇汪洋の後、重慶市の書記となったのは薄熙来である。薄熙来は、いわゆる「革命第二代」のなかでも大物であり、そこまで順調に昇進し、中央に戻る一歩手前まで行ったのだが、第18回党大会の直前に失脚した。汪洋は毛沢東思想を標榜し、革命的手法を重視する薄熙来とは馬が合わなかったという。

〇広東省書記として汪洋の後任となったのが、習近平の後継者と目されていた胡春華である。同人は、重慶市での人事のごたごたの影響を受けて微妙な立場になっているとも言われており、今次党大会で中央に戻るか注目される。

〇汪洋は日本との経済対話に中国代表として累次出席しており、日本にもよく知られている。中共中央における汪洋の立場は安定しており、今後も日本との関係で重要な役割を果たすだろう。

このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.