平和外交研究所

ブログ

オピニオン

2015.04.06

アジアインフラ投資銀行は中国の国内銀行である

 いわゆるアジアインフラ投資銀行(AIIB)をめぐって巨大な流れが起きている。日本と米国はその流れの外にいるが、かなりの数の国がその流れに乗っており、メディアや評論家(国内と外国を含む)の中にもそのような流れを肯定的に見ている者が多いようであり、ごうごうと音を立てている。しかし、以下に述べる理由により、この流れは混乱を惹起する危険があると考える。

 中国政府は、AIIBをmultilateral development bank(MDB)だと説明している。AIIBのHP(以下単にHP)も同じ説明である。世界銀行、IMF、アジア開発銀行などと同種類の銀行とみなしているのであるが、国際機関として見た場合次のような問題がある。
 AIIBの授権資本(authorized capital)は1000億米ドル、最初は500億ドルから出発すると、2014年10月24日、北京で署名された覚書に明記されている(同日の新華社電。しかし、その覚書は公表されていない)が、問題は、各国の出資比率がどうなるかである。各国は出資比率に応じて投票権が与えられるので、出資比率は国際開発銀行における各国の発言権の重さを決める根本問題である。
 AIIBの場合、HPに記載はないが、中国は半分を出資すると表明したと報道されている。これは異常に高い率であり、中国がAIIBを思うままに操作可能な比率である。ちなみに、世界銀行の場合、米国は15.85%、日本は次いで6.84%、以下、中国は4.42%となっている
 中国系新聞には、米国は1番か2番目の出資国になることを中国に内々打診したが、中国は拒否したと報道しているものがある。真偽のほどは定かでないが、将来かりに米国や日本が参加する場合に必ず出てくる問題であり、中国が出資比率50%にこだわれば、両国が参加することはありえない。これは断言できる。
 さらに、AIIBの本部をどこに置き、ナンバーワン、いわゆる総裁を誰が務めるかも極めて重要なことであり、本部についてはすでに北京に置くことが決定されている(HP)。
 総裁についてはまだ決定はなさそうであるが、中国は自国人を総裁にすることに固執するだろうという報道はある。この報道は間違っていないと思う。
 このように重要な問題についての現状を見ていくと、一部は推測が混じっているが、AIIBは国際機関とは到底言えない。中国が言うのは自由だが、米国、日本も含め各国は認められないだろう。1か国が出資比率を50%持ち、その国に本部があり、その国の人が総裁を務める国際機関はありえない。

 中国がAIIBを国際機関という形式に仕立て上げたのは次のようなプロセスを通じてであった。すなわち、中国は2013年10月に習近平主席と李克強首相が東南アジアを訪問した際にAIIB設立構想を打ち出して以来、一直線に設立準備を進め、1年後の2014年10月24日、北京で創設に関する覚書署名式を行ない、11月27~28日には昆明で、2015年1月15~16日にはムンバイで協議を重ねた。3月末には、カザフスタンのアルマティで会議が予定されていたが、これがどうなったか不明である。今後、5月に準備段階の最終協議が予定されており、2015年6月までに関係の協定が合意され、本年末までに正式に発足するというスケジュールである(HP)。
 2014年10月に北京で署名された覚書に中国の他20カ国が参加したという意味では国際的であった。そして創設準備会議を重ねることにより、中国はAIIBが国際機関であるという体裁を作り上げることに成功した。しかし、国際機関とは言えないことは前述したとおりである。
 では、AIIBの実態をどう見るべきか。中国が圧倒的な出資比率を持ち、本部は中国に置き、中国人が総裁となるAIIBは中国の国内銀行に限りなく近いのである。それに数十の国が資本参加する可能性を創設準備の過程で示したというのが実態である。
 中国がそのような機関を持ちたいのはよく分かるし、そのこと自体批難されることではない。しかし、各国にとってはこのような実態は問題であるはずだが、それにもかかわらずAIIB創設準備に協力しているのはなぜか。いくつかの可能性が考えられる。
 1つ目は、中国の国内銀行でも国際機関でも、どちらでもよい、中国が圧倒的な影響力を持ってもかまわないという考えである。
 2つ目は、授権資本の総額と本部を北京に置くことだけは合意したが、それ以外のことについてはまだ合意していない、今後協議して決定することであるとみなして参加を表明している可能性である。形式的にはその通りであるが、そのように軽薄な姿勢では、中国が資本比率は50%、総裁も中国人とすることを正式に提案した場合、拒否できるかはなはだ疑問である。
 3つ目は、AIIBが満足できるものとならなければ、設立には参加しない可能性である。これはありうる。欧州諸国で設立準備に参加した国は、1のケースでも2のケースでもなく、この3のような考えかと思われる。中国だけが圧倒的な影響力を持つ機関に欧州諸国が出資してまで参加するとは、常識的に考えられない。

 さらに、かりにAIIBが発足した場合、融資の政策がどうなるかについても注意が必要である。中国がAIIB設立に熱心なのは、「海上のシルクロード」とも、あるいは「一路一帯」とも呼ばれる戦略、したがってまた、中国の海洋大国化戦略を達成したいからではないか。AIIBの融資ポリシーはこの戦略的考慮によって影響されるのではないか。
 このことを断定するのは早すぎるとしても、「海上のシルクロード」や「一路一帯」構想は中国が公然と進めていることであり、各国は、すくなくともそのようなこととの関連の有無を明確にすべきである。そのため、今起こっている流れがどのような方向に行くかを見極めてから参加の有無を判断すべきである。中国の海洋大国化戦略の影響をもろに受ける日本としてその確認をしないでAIIBに参加することは、日本の国益に反することになる恐れがある。

 以上のような考えから、AIIBの流れに乗ることに慎重な姿勢を堅持している日米両政府に賛意を表したい。今後、日米両国は、できれば共同で、AIIBの創設準備の現状についての見解を公に表明し、暴走気味の流れを鎮めることに努めるのが望ましいのではないか。

このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.