平和外交研究所

ブログ

カレント

2013.04.16

北朝鮮に対する中国の見方

最近、中国が北朝鮮に厳しい態度をとるようになっていることに注目する報道が増えており、昨日(4月15日)も某テレビ局で、中国共産党の関係者が「北朝鮮は恩知らずだ」とあからさまに批判するのが報道された。先月国連安保理で対北朝鮮決議を採択するに際して、中国の国連大使が、かつてなかったほどいらついていたと米国の大使が発言したのも記憶に新しい。
たしかに中国は北朝鮮の核やミサイルの実験に反対し、不満を表明しているが、中国のメディアを見ると、北朝鮮批判だけで紙面が埋まっているのではなく、北朝鮮に対し一定の理解を示す報道もある。「晨報」という新聞の報道では、上海復旦大学の石源華教授は、朝鮮半島の緊張状態は続いているとしつつも、「北朝鮮だけが挑戦的なのではない」「戦争が起こる可能性は大きくない」「北朝鮮はいろいろ過激なことを言うが、実際の行動は多くない」などと述べ、また、米国の動きとの兼ね合いも指摘している。一方、北朝鮮が対外的に強硬な姿勢を取っているのは国内の不安定が原因だという見方について、この教授は、両者の関連は強くないと述べているそうである。これについては異論が多いかもしれないが、いずれにしても、北朝鮮情勢はこれからも多角的に観察し続ける必要があろう。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.