平和外交研究所

ブログ

カレント

2014.04.22

オバマ大統領の訪日

主要点は次の通りだと思う。

○国賓としての訪日
日本政府が国賓にこだわった理由。
米国の大統領は実務的な訪問を好む。
天皇陛下との会見は政治の問題でないが、日本国としてオバマ大統領の訪日を重視していること示す意味がある。
 
○日程
日本が第1の訪問国であることに特別の意味があるとは、理屈からして思わないが、しかし、最初の訪問国であることは喜びたい。
米国は日本に2泊することに合意したのは日本との関係を重視しているからである。
迎賓館に宿泊しないのは孤立して、米大使館との協議などが不自由になると考えたからだ。

○目的
中国の台頭、ロシア(ウクライナ)の問題、があり、また、米国は太平洋における役割を見直し、軍事力をリバランスさせるという大きな戦略的枠組みの一環としての4カ国と訪問。
日本との同盟関係の重要性を再確認し、固めること。
日本との間では過去1年の間に慰安婦、安倍総理による靖国神社参拝などの関係で日米の考えが一致しなかったことも背景の一つ。

○TPP
オバマ大統領がTPPを重視していることは明らか。
今回の訪問で合意の発表にまでこぎつけることは困難であろうが、今後交渉を進めていくのに弾みをつけたいという考えはある。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.