平和外交研究所

ブログ

カレント

2013.04.07

対馬を狙う韓国人

ソウル近郊・京畿道の議政府市議会が3月22日、日本政府に「対馬の即時返還」を求める決議文を採択したと韓国メディアが報道している。「地理的、歴史的、科学的にみても韓国領土であることは明らかだ」と主張しているのだがその根拠は乏しい。議政府市が「対馬は韓国領」の根拠としているのは、朝鮮王朝時代の地理書や1855年の英国地図、1865年の米国地図など。しかし、魏志倭人伝の根拠を超える説得力はなく、その上、これまで韓国側が実効支配した事実もない。韓国側の対馬返還要求は2005年2月、島根県が「竹島の日」を制定したことに対抗した動きだとする見方が有力だ。
2005年3月、南東部の慶尚南道馬山市議会が条例で「対馬島の日」を制定。馬山市がその後昌原市と合併したことにより、現在は昌原市の条例となっている。
産経新聞20130331



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.