平和外交研究所

ブログ

カレント

2013.09.24

北朝鮮の経済建設重視?

金正恩第一書記は今後経済建設を最優先すると、北京で開かれた6カ国協議10周年記念シンポジウムで北朝鮮の李容浩外務次官が語ったそうである(18日 大公網9月22日)。
たしかに最近は金正恩第一書記の経済関係視察が顕著に増えている。就任して間もないころは、夫人とともに幼稚園など各種施設を訪問することが多かったが、ある時から軍関係の視察が圧倒的に多くなり(夫人同伴はほとんどなくなった)、その傾向は2013年の春まで続いた。そして最近は、軍関係の訪問が目立って少なくなった。
軍関係施設への訪問があっても軍人の生活が話題になるなど、ひところの軍事施設で気炎を上げるのとはかなり様相が異なっている。また、国家目標の優先順位を核兵器と経済の二本立てにしていたのを、今後は経済一本に絞ることにしたということであれば、これまでの方針とはかなり違ってくる。
このような方針の修正が真実あったのであれば、どのような理由によるのか。軍の高級人事を頻繁に行うなど金正恩の気まぐれが影響しているか。それとも、金正恩第一書記はもともと経済建設を進めようと考えていたが、その前に軍を大事にしていることを示し手なずけておこうという深慮遠謀があったのか。真相がより明確になるのはそう遠い将来のことではないかもしれない。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.