平和外交研究所

ブログ

カレント

2013.08.28

シリアでの化学兵器ー中国の見方

8月27日の「新華網」は、26日付の米誌フォーリン・ポリシーが、25年前のイラン・イラク戦争の際イラクがイランに対して化学兵器を使用するのを米国は止めなかったと論じていると報道した。
先日の解放軍報といい、中国は、米国も化学兵器の使用に責任があるという印象を植え付けようとしているが、このような姿勢はどこまで維持できるか。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.