平和外交研究所

ブログ

中国

2015.04.02

(短文)最近の反腐敗運動

 本HPでは、最近反腐敗運動についてあまり書いていないが、この運動は引き続き盛んに行われており、とくに、本部が外国にある中国語の新聞(『多維新聞』など)や香港の新聞(『大公報』や『明報』など)ではあきれるほど報道されている。

○3月末に、中央規律検査委員会は7人の特別調査官を任命し、中央弁公庁、中央組織部、中央宣伝部など権力の中枢も調査対象とした。
○外国へ逃れた調査対象者(裸官)を中国へ連れ戻すために、米国政府に優先名簿を提出して協力を要請した。反腐敗運動のトップである王岐山が訪米する話もある。
○中国人民銀行(中国の中央銀行)の前行長の戴相龍も調査されている。同人は温家宝と近く、中国でも最大級の富豪の一人である。
○軍では海軍へ調査の手が伸びており、副司令員の杜景臣などが調査の対象となっており、呉勝利司令員も調査されることになると噂されている。陸軍では徐才厚元中央軍事委員会副主席の例にみられるように、海軍より以前から調査が進んでいた。一方、空軍はまだ手付かずであり、「羽があるので逃げやすいのか」などと揶揄されている。
○副省長クラスでは、四川省副書記の李春城、福建省副省長の徐鋼、浙江省の政治協商会議副主席の斯鑫良が調査対象になった。福建、浙江両省はかつて習近平が勤務したことがあり人脈が残っているので、徐鋼や斯鑫良の摘発は反腐敗運動に例外はないことを示す意味があると言われている。なお、1月16日付NY Times紙は習近平の反腐敗運動の対象者は選択的だという疑念を払しょくできないとする記事を掲載した(Murong Xuecun)経緯がある。
○国営企業での調査では、宝鋼集団(粗鋼生産では中国第2、世界第3)の崔健副総経理が調査対象となった。

このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.