平和外交研究所

ブログ

中国

2014.06.19

中国軍の腐敗と規律

6月18日の「中国軍網」サイトは中国軍内でも腐敗がなお問題であることを示唆する論評を流した。人民解放軍は歴史的に「清廉」を重視してきたことを強調しつつ、次のように論じている
「軍隊の腐敗はもっとも危険なものである。軍隊が腐敗を容認すれば、失敗を容認することになる。戦争に負けた結果について歴史は血の涙で語ってきた。腐敗が原因で敗れた軍隊は永遠に恥辱の柱に打ちつけられるであろう(注 日清戦争で清国が惨敗したことなどを指すのであろう)」
「中国人民解放軍は中国共産党が作り出し、指導してきた。全身全霊で人民に奉仕することを旨としてきた。創立以来、腐敗に対して零容認であった」
「第18回党大会以来、党中央、中央軍事委員会および習近平主席は厳格に軍を管理し、腐敗撲滅に力を入れ、「虎もハエもたたく」方針を実行し、谷俊山人民解放軍総後勤部前副部長(注 中央官庁の次官級)を逮捕する一方、腐敗反対の計画をしっかり立て、作風を改め制度を厳格に実施し、腐敗を生む土壌の除去に努めてきた。飲酒と奢侈を厳禁する「軍十条」を定め、車を買い替える場合には国産車を購入することとするなど作風と行動の改善を頻繁に実施してきた。この間、不合理な住宅(注 幹部が地位を利用して住宅を買い占めることなどを指すものと思われる)をなくし、公用車を減らし、会議を減らし、行政にともなう支出を大幅に減少させてきた、、、(、、、は原文通り。ここにあげたいくつかのことはいずれも習近平が力を入れてきたことである)。
軍隊巡視制度を開始し、財務制度を規範化し(注 以前はルールなく財務処理をしていたことを示唆している)、監査制度を改善するなど権力の横暴を制約する仕組みを強化した、、、
山が高くても恐れてはならない。我々は現在懸命に登っている。道が遠くても恐れてはならない。我々は現在前進している」
「腐敗したものをつまみだせば軍はさらに純潔になり、強くなる。軍隊内に腐敗分子が隠れるところを残してはならない」

以上が「中国軍網」の主要な指摘である。人民解放軍は、内戦時代は国民党軍が腐敗していたことと比べ清潔であったというのが定説であり、また中華人民共和国成立後はあらたに軍内の士気と規律の向上のため種々の働きかけが行なわれてきた。1960年代の初期に毛沢東が「雷峰同志に学ぼう」と呼びかけ、自己犠牲の精神を称揚したのは有名な故事である。
世界有数の軍事大国となった現在、中国軍人は戦闘能力が高いという印象を持たれているが、その一方でこのような腐敗の問題が根強く存在している。中国軍の透明性がきわめてひくいことに基本的な問題があるが、中国の兵士も他国とそう変わらないと思わせる事実も散見される。
中国初の空母「遼寧」が就役した時、空母内での規律が定められた。そのなかに男女の兵士が、公務以外で同じ場所に居てはならないという規則も設けられた。軍当局は、米国の空母の規則を参考に作ったと説明していた。男女の規律については米軍に倣ったと言わんばかりであったが、奇妙な説明であることは否めなかった。これは余談だが、日中国交正常化以前、日本の覚書貿易事務所の図書室内でも男女の従業員が抱き合っているのが目撃されていた。
また、ごく最近、軍事演習の時に、最近の若い解放軍兵士のなかには音楽を聞きながら参加している者がいると解放軍の機関紙『解放軍報』が嘆いたこともあった。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.