平和外交研究所

ブログ

中国

2021.05.10

WHO総会への台湾の参加問題

 今年のG7首脳会議(サミット)はイギリス南西部のコーンウォールで、首脳どうしが直接対面する形式で開催される。最大の議題は中国への対応になりそうである。

 サミットの準備のため、ロンドンで5月3-5日開催された外相会議では、新疆ウイグル自治区やチベットでの人権侵害、香港情勢、中国の国際経済における責務などが議論され、またロシアおよび北朝鮮についても話し合われた。

 今次会議は、なかでも台湾支持の姿勢を強く打ち出した。外相会議の共同声明は2006年以来初めて台湾に言及し、中国に対し、「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促し」た。中国が台湾に対し軍事的圧力を加えていることに、一致して強い危機感を示したのである。

 その上、5月24日から始まる世界保健機関(WHO)年次総会への台湾の参加について「支持」を明記した。

 これまでも日米欧の各国は、台湾の参加(オブザーバーとして)を支持してきたが、中国の反対は強く、実現しなかった。今回も中国は反対だろうとみられており、実現の可能性は高くない。

 しかし、中国の主張を曲げない範囲内で台湾のオブザーバー参加を認めることは可能である。中国が仮にそれを認めれば中国の協調的姿勢を示すのに役立つであろう。

 コロナ禍の対する台湾の経験と対策をWHOの参加国が共有するのは極めて意義深いことであり、中国の柔軟な対応を期待したい。

検索

このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.