平和外交研究所

ブログ

中国

2014.02.04

中国雑記 2月4日まで

○香港の雑誌『開放』によると、中央規律検査委員会の「第1号専案」として調査の対象になっているは温家宝前首相でなく、「石油閥の王者」と綽名されている曾慶紅前国家副主席であり、習近平と王岐山は温家宝を極力かばったそうだ。
「2号専案」は周永康関係である。これを担当している小組では500人が使われており、そのトップは公安部の傅政華副部長である。
(多維新聞2月1日)
(注 温家宝前首相はその夫人が噂に上っている。周永康に関する報道、噂は数知れない。)

○中央組織部(注 人事を担当)は最近、頻繁に条例や指示を発出している。1月15日には「幹部任用条例」を、21日には「幹部任用工作の監督の強化に関する意見」である。後者の「意見」は幹部を任用する場合に、不正を正さなければならないことを厳しく命じている。
(注 すでに任用された者の汚職が問題であるが、任用する際から公正に人事を行なうべきだということであり、習近平政権が力を入れている反腐敗運動の一環である。)



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.