平和外交研究所

ブログ

オピニオン

2013.09.27

軍事用無人機を規制しよう

最近、無人機の危険性を懸念する声が高まっている。兵器のハイテク化が進み、地球の反対側からも無人機を操縦し、敵を攻撃することができるそうで、攻撃の対象からは遠く離れているのでゲームのような感覚で人を殺傷することになると指摘されている。攻撃される側はたまったものではない。誤爆などで無辜の市民が殺傷されることも実際頻発している。
このような非人道的な兵器であるが、規制するとなると考えなければならない問題がいくつかある。
無人機は軍用だけでなく、農薬の散布など民生用にも使われている。欧米ではパイロットがいない旅客機を飛ばすことも検討されていると聞く。そんな飛行機に乗ることなどありえないと思うが、ロケットで月へ行くことが実現すれば、パイロットなしになるのではないか。乗員がいるとしても基本的には一緒にいるだけで、旅客機のパイロットのようにロケットを操縦するのではないであろう。また、問題は飛行機に限らない。ロボットは我々の生活において幅広く利用されているが、軍事利用されることもある。それほど遠くない将来に就航するリニアモーターの超高速列車は無人車だそうだ。
要するに、無人機は民生用にも軍事用にも利用することができる、いわゆる汎用品であり、それだけに規制の実現は困難であろうが、猶予はならない。一つの考えとして、無人機に攻撃用兵器を搭載することをいっさい禁止するということに焦点を絞って検討を進めていくのがよいと考えてみたが、ロボットに兵器を搭載して飛ばすようなことが将来ありうる。空を飛ぶ鉄腕アトムに攻撃能力をつけるようなイメージだ。これはまだないとしても、いわゆるスマート爆弾は一定程度爆弾自身が標的を探し、それに向かっていく。このようなロボットも視野に入れておかなければならない。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.