平和外交研究所

ブログ

カレント

2014.08.22

ロシア・ウクライナ両大統領の会談が実現する?

8月26日にウクライナとロシアの大統領がベラルーシのミンスクで会談するそうだ。EUのアシュトン外交安全保障上級代表、ベラルーシのルカシェンコ大統領、カザフスタンのナザルバエフ大統領も出席する協議の場であり、ポロシェンコ大統領とプーチン大統領との2人だけの会談があるかどうかははっきりしないが、2人だけで会わなくても現在の緊張した関係にかんがみれば重要な機会になるのは間違いない。
両大統領は去る6月、フランスのノルマンディーで会ったが、その後マレイシア機の撃墜事件が起こりロシアとウクライナおよび欧米諸国の関係は非常に悪化していた。一方、ウクライナ東部ではウクライナ政府の攻勢が強くなり、親ロシア派の武器、食料などは欠乏しかけていた可能性があり、それに対するロシアからの陸路補給が新たな問題となっていた。
ロシアは、米欧諸国や日本の追加制裁に反発して逆に欧米系の店舗の営業停止を求めたり、日本も含め西側からの入国を制限したりしている。
26日にポロシェンコ大統領とプーチン大統領の会談が実現すれば、双方で突っ張りあっている状況を緩和する機会が生まれるかもしれない。大した理由もなく楽観的になるわけにはいかないが、少なくともロシアをめぐる状況はよくないし、プーチン大統領の立場も複雑であろうし、今回の会談はロシアの姿勢を測る一つの機会になるのではないか。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.