平和外交研究所

ブログ

中国

2013.07.20

俞可平の習近平支持

俞可平(胡錦涛のブレーンであった)が、7月13日、習近平を支持した文章を発表したことが話題になっている。そのなかで俞可平が言いたいことは、「民主化を進めても秩序が破壊されることはない。民主と法治があって初めて国家が長きにわたって安泰になる」ということである。これは習近平が改革、あるいは腐敗撲滅運動を進めるのに対し、そのようなことを理由に反対する者が居るということか。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.