平和外交研究所

ブログ

中国

2013.08.15

憲政論争

最近注目した報道
○文化大革命中、迫害を加え人を傷つけた元紅衛兵の謝罪が各地の新聞で報道されている。(毛沢東派批判?)
○趙紫陽の秘書であった鮑彤は、「憲政の有無は憲法自身の生命を決めるだけでなく、中国の死活を決定する」と論評した(米国系の「自由アジア放送」か? 明報14日による。 これは「憲政」擁護論であろう)。
○8月5、6、7日,人民日報は3日連続で「憲政」に批判的な文章を掲載した。これに対しインターネットで人民日報に対する強い批判が起こると、同紙は11日に突如、胡耀邦の子、胡徳平が9日の『经济観察報』に発表した「憲政」を擁護する論評を転載した。ただし、そのままでなく「憲政」擁護の印象が薄めるよう標題に手を加えていた。
(多維新聞8月11日)



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.