平和外交研究所

ブログ

オピニオン

2020.05.20

原爆投下の日を「祝日」にしてはならない

 来年に延期された東京五輪・パラリンピックの関係で、都内の交通混雑を緩和するため祝日をずらす法改正案が政府内で準備中であり、これによれば、原爆が長崎に投下された日である8月9日を祝日とすることになる。この案を自民、公明両党は了承せず、政府に再考を求めたという。

 両党の判断は正しい。原爆が投下されたことにより広島では約14万人、長崎では約7万人の無辜の市民が殺害された。日本人として決して忘れられない悲惨な出来事であり、毎年、原爆が投下された日である8月6日と9日に日本中が犠牲者を慰霊している。この日を「祝日」にするとは狂気の沙汰というほかない。そんなことを内容とする法改正案を作成してはならない。

このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.