平和外交研究所

ブログ

中国

2016.01.24

蔡英文の抱負

 台湾の総統選で圧勝した蔡英文のインタビュー記事が聯合晚報1月18日付(
『台湾壹週刊』誌から転載したもの)に掲載されている。蔡英文の考えがよく表れている。中国をいたずらに刺激しないよう細心の注意を払いながら話す一方、中国と台湾はお互いに尊重することが重要だとくぎを刺している。

 聯合報は一般に国民党寄りと見られているが、中立公平な報道もしている。このインタビュー記事にも偏向は見られない(?)。

 すべて蔡英文の言葉という形で書かれており、鍵括弧は直接の引用だろう。

○選挙期間中、中国の善意をよく感じた。今回の選挙では、中国はみずからを抑制していた。「このような行動でわかる理解(體會理解)と善意こそ最善の意思疎通(溝通)だ」。意思疎通はただ座って話し合うだけでなく、何をするかが大事であり、行動を見て本当のことが理解できる。

(注)総統選の際、中国が台湾に干渉してくることがあることを前提にした発言である。1996年の総統選では、中国は、李登輝を当選させないためミサイルを台湾の近海に発射し、これに対し、米国は空母2隻を台湾海峡に派遣するという事態に発展した。
 なお、蔡英文は「意思疎通(溝通)」という言葉をよく愛用している。

○馬英九の連立提案を受け入れることはできない(不会)。

(注)今次選挙で敗北した国民党は蔡英文に対して民進党と国民党の連立政権とすることを提案している。民進党は総統選でも立法院(議会)選挙でも圧勝したので、それでも国民党が連立政権を提案しているのは常識的には異常なことだ。

○5月20日に正式に就任後、まず「両岸協議監督条例」を制定し、両岸の交流を法的基礎に上に置きたい。それまでは両岸に関係することはしないほうがよい。

○大陸を訪問し、習近平主席と会見する可能性は高くない。中国を訪問するには多くの条件が整わなければならない。いっぺんに条件はそろわない。しかし意図的に行かないのではない。無理していくことはしないということだ。就任後、両岸を安定させ、対等の尊厳を追求したい。「インターラクション(互動)」が重要であり、両岸関係に意外なことが起こらないように努めたい。両岸とも最大限努力する責任がある。

○総統選の2日前に発生した「周子瑜事件(注 韓国で活動する台湾のアイドル周子瑜(16歳)が、インターネットで公開された番組で「中華民国」旗を掲げたことについて、中国から「独立派だ」と非難の殺到を浴び、韓国のメディアでも批判的に報道された。そのため周子瑜は「台湾」としていた出身地を「中国台湾」と変更し、さらに総統選の前日に謝罪の動画を発表した)」は中国政府が意図的にしたことではない。しかし、その動画を見て涙が出た。「16歳の女の子がどうしてこのような圧力を受けなければならないのか」と思った。台湾人が自己のアイデンティティのために謝罪するようなことが起こらないようにしたい。

このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.