平和外交研究所

ブログ

オピニオン

2013.08.15

A級戦犯を祭ること

8日のフォーリン・プレスセンターでのブリーフィング(14日本ブログに掲載)に関し、新華社は次の通り報道した。内容はほぼ正しい。
Japanese leaders must refrain from visit the Yasukuni Shrine, Japanese scholar and former diplomat Yoshiki Mine said Thursday, adding that A-Class war criminals should never be honored.
“I believe that the Japanese leaders either on the day, Aug. 15, or any other day should refrain from visit the shrine,” Mine said during a speech in Japan Foreign Press Center.
He said there are many people in Japan hold similar opinion. But those who have strong national sentiment brush aside this kind of assertion, it is very pity.
The scholar who now works at the Canon Institute for Global Studies also said those A-Class war criminals should not be honored in Yasukuni Shrine, considering Japan had officially signed the San Francisco Peace Treaty and accepted the Tokyo Tribunal.

私は、いわゆるA級戦犯は靖国神社が祭るべきでないという意見であるが、同神社は国家施設でないので、最終的にはその判断次第である。問題は、政府としての姿勢。
一方、立派に戦って戦死した人は尊敬しており、顕彰すべきであると考えている。この考えは、6月23日に本ブログに掲載した「戦死者評価は個人基準に」に示している。

プレスセンターでは、尖閣諸島に関し、日本の立場はどこから見ても正しいということと、中国の海洋大国化戦略との関連があることを指摘したが、新華社はこれらのことは何も報道しなかった。驚くことではないが。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.