平和外交研究所

ブログ

カレント

2013.05.24

北朝鮮軍総政治部長の訪中

北朝鮮人民軍の崔龍海総政治部長の中国訪問は、昨年12月12日の「人工衛星」発射以来初めての正しい行為であった、と中国の新聞が論評している。中国が北朝鮮の挑戦的な言動をいかに不快視していたか、まざまざと浮かび上がってくる。これはたんなる一新聞報道でなく、中国政府内の見方を反映していると思う。この中国紙の論評はさらに続けて、「もし北朝鮮がこれまでの誤った行動を続けるならば、中国としてはいつまでも北朝鮮を味方することはできない」とも述べている。かなりの激しさである。
北朝鮮は今月(5月)5日、中国の漁船を拿捕し、2週間以内に約1千万円を支払うよう要求していたが、前回(約1年前)と異なり今回はあっさりと釈放した。北朝鮮が中国の船員と漁船の返還を報道したのは20日である。要求された金銭を支払ったかどうかは報道していない。定かではないが、北朝鮮は早期に釈放することにより、中国に友好的であることを強調しようとしたのかもしれない。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.