平和外交研究所

ブログ

カレント

2014.10.05

ファンピョンソ軍総政治局長の訪韓

北朝鮮の最高幹部、ファンピョンソ軍総政治局長がアジア大会閉幕の機会に韓国を訪問し注目されている。
第1に、これを機会に南北関係が進展するかである。
第2に、北朝鮮の最近の積極的な外交の一環としてである。
第3に、チェリョンヘ国家体育指導委員長とキムヤンゴン労働党統一戦線部長が同行しており、それぞれの職責との関係でこれら両人が訪韓するのはごく自然であるが、チェリョンヘは前総政治局長であった。最近北朝鮮では高級幹部の人事異動が頻繁に行われることと、金正恩第1書記が数週間公の場に出ないことから、外部では種々憶測を呼んでいた。その一環でチェリョンヘが閑職に回されたのではないかとも言われていたが、今回の3者そろい踏みの訪韓でこのような噂は吹き飛ぶであろう。
韓国側はパククネ大統領に会うか打診したが、ファンピンソ部長は体よく断ったと韓国の通信社が報道している。これが事実で。あったのであればの話であるが、ファンピンソ部長は金第1書記を差し置いて南の大統領に会うのをひかえたのかもしれない。彼らは韓国の首相にはあった。
今回訪韓した3人は金ジョンウン体制を支えるキーパーソンではないか。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.