平和外交研究所

ブログ

カレント

2014.09.27

金正恩に関する中国の見方

多維新聞(米国に拠点がある中国語の新聞。比較的中立だが、一般的には中国の内部によく通じている)は、金正恩第1書記の動静が9月3日以来北朝鮮で報道されていないことや、9月25日に開催された最高人民会議第2回会議に欠席したことなどに関し、9月26日と27日の両日、一部についてはかなり異なる内容の見方を2通り紹介している。
1つは、中共中央に近い人物が『多維新聞』に語ったところでは、金正恩政権は不安定であり、内部の状況はよくない、中国は昨年9月、金正恩からの訪中の打診を断った、今年の旧正月前にも、また最近も同様の打診があったが、断った、としている(26日)。
もう1つは、金正恩が依然トップとして確固たる地位にあるとするものである(27日)。この見解は、また、金正恩が最高指導者として最高人民会議を欠席するのはいつもあることではないが、だからと言って健康上大問題があるとは言えない、北朝鮮では人事がなお流動的である、とくに軍内の人事変化が激しいと指摘している。
なお、25日の北朝鮮中央テレビが放映した記録映画の中で、「金正恩は体が不自由にもかかわらず人民の指導を行っている」旨のナレーションがあったことが日本のラジオ・プレスによって確認されており、第2の見方はこのことを知らないで書かれた可能性がある。中国では、新華社などもラジオ・プレスを引用していたのでそのナレーションを知ったのがやや遅れたらしい。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.