平和外交研究所

ブログ

カレント

2013.08.29

シリアでの化学兵器使用の問題点

シリアでの化学兵器使用問題に関し気になること
○化学兵器を使用したのはシリア政府軍か、反政府軍か。米国は通信の傍受からシリア政府軍であることが明らかになったと発表しており、これは証拠になりそうだ。もっとも、米国の情報収集力はきわめて高いが、歪曲されて伝えられることはないと考えるのはやはりナイーブであろう。
○疑問は多少あっても、シリア政府軍が使用した可能性は非常に大きいと思う。2012年7月23日、シリア政府のマクディシ報道官は、同国が化学兵器や細菌兵器を保有していると認め、「国外からの侵略がない限り、シリア情勢がどのような状態に陥ってもこれらの兵器が使用されることはない」と述べている。シリアは化学兵器禁止条約に署名していない(世界で北朝鮮など5ヵ国)。シリア政府には何らかの状況下で化学兵器を使用する可能性があることを自認しているのであり、反政府軍に外国勢力が混入している場合使用しても、シリア政府の方針に反することにはならないと思っているかもしれない。
○中国の報道には、「米国製の化学兵器が使用されている」など米国が関わっていることを印象付けようとしている節が窺われる。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.