平和外交研究所

ブログ

中国

2013.07.30

習近平の大衆重視

習近平新政権は成立直後から事あるごとに「人民」を強調し、2012年12月に、「視察は随行者を減らし、簡素にし、大衆による送迎を用意せず、歓迎の絨毯を敷かず、花を飾らず、宴席を設けない。会議や発言は短くし、空論や決まり文句を厳しく戒める。交通規制を減らし、通常の場合道路の封鎖や公共の場からの人々の退去や施設の閉鎖をしない。」など官僚としての紀律向上を求めた「八項規定」を制定し、「大衆路線」を重視してきた。さる6月18日には「大衆路線教育実践会議」を開催し、大衆路線の重要性をあらためて強調するとともに、「形式主義、官僚主義、享楽主義および贅沢」という4つの傾向と戦うと決意を示し、「大衆路線は党の生命線」とまで言いきったが、実際には改革は遅々として進まず、官僚、学者さらには民衆からも批判や疑問が出ている。以上は海外の中国語サイト「多維新聞」に出ている論評であり、習近平改革の実が上がっていないどころか、民衆からも嘲笑の的になっていると論じている。次のような小話が広がっているそうである。

指導者:あなたがもっとも偉大だ。
大衆:本当?
指導者:あなたは英雄だ。歴史はあなたが作った。
大衆:本当?
指導者:私はあなたの公僕だ。全身全霊であなたのために働く。
大衆:本当?
指導者:あなたの利益がすべてであり、私の利益などない。
大衆:本当?
指導者:私はあなたと密接に連携し、あなた方のなかへ入っていきたい。
大衆:それではあなたが大衆になり、私が指導者になるのがよい。
指導者:それは絶対に駄目だ。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.