平和外交研究所

ブログ

中国

2015.05.29

(短文)中国の原子力発電は慎重に進めるべしー中国人研究者

 中国社会科学院の何祚庥は、英ガーディアン紙とのインタビューで、次のように述べている。
 「中国の原発建設はあまりにも早すぎる、汚職や管理の不備などが原因で安全性について問題が発生している。原発の建設停止をさらに延長し、管理運営上の経験を十分参考にして建設の再開を検討すべきである。」
 「中国には原発について2つの意見がある。1つは、安全より発展の重視であり、もう1つはそれと全く反対である。」
 中国は2011年の福島事故以来、原発の新設を停止してきたが、2015年3月に2基の建設再開を許可した。
(以上5月27日付香港紙『明報』)

 なお、2014年現在、中国の原発は、稼働中のものが18基、建設中が31基であり、これらが完成すると、日本の原発とほぼ同数となる。さらに、2030年にはその数倍に激増すると予測されている。

このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.