平和外交研究所

ブログ

中国

2015.04.03

(短文)習近平主席の警護体制

 習近平主席は自らの警護体制にかなり神経をとがらせているようである。先般の全国人民代表大会(中国の議会)でも、議場での服務員による通常のサービスにも警護官が目を光らせていた(日本の新聞で報道された)。これは異常なことである。
 中国の国家主席の側近としては、中央弁公庁(内閣官房に相当)、軍事弁公室、警衛局(ボディーガード)がもっとも重要であるが、習近平は胡錦涛時代の主任を全員取り替えた。中央警衛局の曹清局長は最後の解任であった。
 一方、習近平は河南省副省長兼公安庁長の王信洪を北京市副市長と兼務の公安局長に任命した(発表は3月26日)。王信洪が河南省に赴任したのは2013年8月であり、わずか3カ月後の11月に、鄭州のナイトクラブ「皇家一号」を一斉摘発して実績を上げ、中央に抜擢された。河南省へ行く前は福建省でやはり公安関係の仕事をしていた。習近平が福建省にいたのは1990~96年であり(福州市党委員会書記)、その頃王信洪は福州市の闽侯县公安局局长、福州市公安局副局长などを務めており、習近平は当然同人のことをよく知っていたと見られている。

このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.