平和外交研究所

ブログ

中国

2014.04.20

習近平の人事構想か

中国雑記として記載したほうがよいかもしれないが、一つのトピックとして、4月18日付『多維新聞』の報道を紹介する。

「習近平が最高指導者となって以来、自分に近い人物を抜擢していることは周知のことである。しかるにロイター社は7人の消息通の話として、習近平は今後数年間に200名近い浙江省の優れた人材を抜擢し、中央政府の要職につける計画であると報じており、注目を集めている。確認されていないことであり、可能性は低いと見るべきかもしれないが、多維新聞はこの報道より先に、習近平は行政、組織(人事)、党建設、経済、宣伝などキーポストに、多数の「よく知っている人」を起用していることを報じていた。そのなかには、大学の同窓生である陳希(党中央組織部常務副部長 つまり同部のナンバー2)、中学時代から旧知の劉鶴(国家発展改革委員会副主任、中国経済の立て直しを託されているキーマン)、かつての部下であった何毅亭(中央党校常務副校長、同校のナンバー2)、李書磊(福建省委員会の宣伝部長)なども含まれている。しかしさらに多いのが、習近平が河北、福建、浙江、上海で勤務していた時の同僚、将官、近親であり、なかでも多いのが浙江である。なぜ浙江省の官吏が異彩を放っているかであるが、浙江省は習近平の施政の実験場という特殊な地位にあるからである。」



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.