平和外交研究所

ブログ

中国

2013.12.23

中国雑記12月23日まで

○12月上旬、国務院は68の許認可項目を取り消す決定を行なった。これで新政府下での取り消し数は221項目となった(中国新聞網12月21日)。
許認可(審批)項目の減少は三中全会でも謳われた。しかし、許認可全体の数でみると、これはまだ大海の一滴か。内容も見ていく必要がある。
○2014年1月1日から、軍の公務員(文職人員)は、現役軍人に与えられる公共交通機関の利用や遊園地を参観する優待を認められないこととなった(京華時報12月20日)。
軍の公務員とは制服の現役軍人でなく文官のことか。
○11月6日、 薄熙來の支持者は「至憲黨」を建党した。薄熙来は現在獄中であるが、同党の終身主席とされた。現在代表を務めているのは王錚(北京経済管理幹部学院副教授)と徐華。しかし、12月2日,北京市民政局は同党に対して「取締決定書」を発出した(明報12月16日)。
○最近、中共組織部は、地方の党政指導者の評価方法を修正し、総生産高と増加率だけでなく、地区ごとの性格、指導者階層の区別、地方政府の債務高なども重要基準として考慮することとした(新華網12月9日)。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.