平和外交研究所

ブログ

カレント

2014.10.19

北朝鮮はいつでも説明すると言っている

日本政府は伊原外務省アジア太平洋局長を10月中にも平壌に派遣する方針を韓国政府に伝えたと報道されている。10月19日付の朝日新聞は、その記事の中で次の解説を加えている。
「北朝鮮は9月中旬、「調査はまだ初期段階」として初回報告の先送りを日本に通告した。同月末の中国・瀋陽での政府間協議で日本側が現状説明を求めたところ、北朝鮮の宋日昊(ソンイルホ)・朝日国交正常化交渉担当大使が日本政府担当者の訪朝を提案した。日本側は「調査委と直接やりとりすることで真剣さが判断できる」(外務省幹部)として、北朝鮮側の提案を受ける方針だ。」

宋日昊大使は10月9日、日本からの学術訪朝団(私も参加)に対し次の通り説明した。日本で報道されていることと大きく食い違っている。
○北朝鮮は、調査結果について説明できると伝えたのに対し、日本側はそれに応じることを拒否した。
○日本側には現在の調査状況をあるがままに伝える用意があるが、日本側は拉致問題について期待した結果が得られないのであれば、調査結果を聴取できないと言われた。
○我々は調査結果をあるがままに日本側に伝える用意がある。

なぜこのような食い違いが生じたのか、考えるべきことはいくつかあるが、日本政府と北朝鮮政府の両方に敬意を払って、ここでは大きな食い違いがあることだけを指摘しておく。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.