平和外交研究所

ブログ

カレント

2014.09.11

ぎくしゃくする中朝関係

9月9日、朝鮮中央通信社は朝鮮民主主義人民共和国成立66周年記念に習近平中国共産党総書記らが金正恩朝鮮労働党第1書記らに送った祝電(全文)を報道した。しかし、同日の大公報はこの祝電は恒例のことに過ぎないとしつつ、北朝鮮と中国の関係は一部に言われているように緩和の方向にあると見ることはできないと論じ、再度(8月19日の本ブログの記事「南北朝鮮・中国関係」の指摘に追加して)次の点を指摘している。
この大公報紙の論調は、中国の新聞の中には、同日の中国青年報のように北朝鮮の積極的な外交姿勢に注目する向きがあることを意識したものである。

○「中国が北朝鮮に冷淡ならば、こちらも冷淡にしてやる」というのが金正恩の考えであり、北朝鮮の外交姿勢は適切でなく、物事を分かっていない。
○先般のASEAN外相会議の際初めて登場した李洙墉外相は、慣例に従って中国の王毅外相と会談したが、中朝双方ともその報道ぶりはそっけなかった。中国側の新華社、中央テレビ、人民日報などは一言だけ報じ、北朝鮮の中央通信社は李洙墉の活躍ぶりを伝える一方、王毅との会談については何も報道しなかった。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.