平和外交研究所

ブログ

オピニオン

2014.05.06

オバマ発言に関する美根の評論を多維新聞が報道

4月24日の日米首脳共同記者会見でのオバマ大統領の発言(本ブログでも4月28日に取り上げた)に関する私の拙文が共同通信社によって「識者評論」として報道されたところ、5月5日の多維新聞(米国に本部がある中国語の新聞)はその前半だけを報道した。その限りではほぼ正確な報道であった。

報道されなかった後半部分は次の通りである。
「それでは日本として今後どうすべきか。日本が尖閣諸島に対し領有権を持つことは法的・歴史的に明らかであり、「領土問題はない」との基本姿勢は貫くべきだ。しかし中国と対話せず、何もしないというのでは、第三国には理解されない。
 日本は平和的に中国との間にある争いを収める努力をしなければならず、そのためには国際司法裁判所(ICJ)での解決を模索するのがいい。
 日本はこれまで法的な可能性として「中国が提訴すれば受けてもよい」と述べてきた程度だ。日本がICJでの解決を求めており、そのために努力すると歯切れよく表明することが肝要だ。
 米国は一般的にICJでの紛争解決を重視しており、オバマ大統領も平和解決のために何でも協力すると言明している。
 尖閣の主権をめぐる大統領の発言だが、歴史的に米国は特殊な立場にある。尖閣がサンフランシスコ講話条約の「琉球諸島」に含まれるとの解釈を確立したのは、米国と他の締約国だ。しかも米国は主導的役割を果たした。米国にこのことを注意喚起し、適切な対応を取るよう求めるべきだ。」



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.