平和外交研究所

2013年7月

2013.07.17

ミサイルなど輸送中の北朝鮮貨物船の拘束

先週(7月8日の週)、パナマ政府は、ミサイルやミグ戦闘機の部品をキューバから北朝鮮に輸送中の北朝鮮貨物船Chong Chon Gang号をパナマ運河で拘束したことを発表した。この船はかなり抵抗したらしく、船長はのどを掻き切って自殺を図ったということも報道されている。これに先立って、7月1日に北朝鮮のハイレベル軍事代表団がキューバを訪問していた。これらの物品が輸送されたのは修理のためだと報道されているが、国連決議違反である疑いが強い。米国は当然のことながら、パナマの措置を称賛している。
キューバ外務省は7月16日、「1万トンの砂糖と240トンの古くなった武器を積んでいる」と発表した。
以上は基本的には事実関係の羅列であるが、中国の新華社電も17日、「パナマが拘束した北朝鮮の船舶には対空ミサイルとミグ戦闘機が搭積載されている」とキューバ外務省声明を引用する形で短く報道した。最小限の報道であるが、中国はこのようなことをこれまで報道してきたか。最近の中国の北朝鮮に対する態度硬化の一環なのか、気になる。

以下、米国の報道などから関連の諸情報を追加しておく。
パナマでは大統領自らが捜索を指揮していることがテレビで報道されており、北朝鮮の船舶を追跡している米国との間で緊密な連携があったことがうかがわれる。
一方、北朝鮮は何の目的でキューバから旧式のミサイルなどを運ぼうとしたのか。北朝鮮政府が沈黙しているのは驚くに値しないが、キューバについては、かつてのように米国と激しく対立することを改め、最近は態度を和らげようとする気配があっただけに、なぜ北朝鮮にそこまで協力したのか、と疑問を抱かれている。
パナマ当局の捜査はまだ進行中であり、今後新しい発見が出てくる可能性もある。
今回の事件は、米国の偵察衛星を使った情報収集活動にもあらためて関心が向けられる結果になった。米国は北朝鮮船舶の行動を監視しているが、百パーセント把握できているわけではなく、一定期間追跡が途切れることもあるそうだ。シリアが北朝鮮の協力で原子炉を建設していたことを、2007年にイスラエルに指摘されるまで把握できていなかったのもその一例である。
北朝鮮のチョン・チョン・ガン号は最近4年間西側へは航行していないことになっているが、通常の航行において使われる位置測定装置をオフにすると偵察衛星でも把握しにくくなる。そうするのは船の航行に危険であるが、危険な物資を積載している場合にはそういうこともありうる。パナマ当局の臨検に対して乗員が激しく抵抗したことを見ると、そのようなことがないとは言えない、というのが専門家の見方である。

2013.07.13

中国での核加工工場建設反対デモ

香港の明報紙(明報新聞網 7月13日)が、廣東の江門市と鶴山市で発生した核燃料加工工場の建設に反対する運動を要旨次の通り報道している。
「400億元が投下されるこの工場は人口密度が高い鶴山市で建設予定であり、抗議運動には香港および海外から参加している者も含まれている。
市政府と専門家は周辺住民に対し、この工場の放射線レベルは低く、健康に影響はないと言い続けてきたが、江門市民がこの建設計画を知ったのは着工直前の今月初めであり、しかも公示から着工まで10日間しかなかった。また、市政府は建設計画を発表する以前に、建設地の住民から建設土地を獲得していた。
昨日(12日)朝8時ころ、抗議する人たちがネットを通じて集まり始め、約2千人に増大し、警察隊が制止しようとするのを押しのけて、市政府の門前にまで至った。しかし、警察は付近の道路を封鎖するなどしたため、その日の抗議デモはいったんそれで終息した。しかし、このようなデモはその日の午後も、また鶴山市でも発生した。
鶴山市政府は10日の公示期間を20日に延長すると発表したが、デモ隊は工場の建設計画を棚上げにすべきだと要求しており、明14日には大規模抗議デモが実行される予定である。」

中国では今後多数の原発が建設予定であり、これにともない、核燃料の再処理工場も必要となる。これは中国の急増するエネルギー需要に応じるため必要なものと考えられている。
この計画全体への影響が問題である。
この「加工工場」の詳細はまだ不明である。
政府の方針に不満な民衆の抗議行動としても注目される。


この数時間後(実際には時間差のため、ほぼ同時であったかもしれない)、鶴山政府は工場の建設計画を中止したこととを発表した。建設予定の工場が住民の反対で中止されるのはこれが初めてではないが、まれなケースであることは間違いない。

2013.07.12

沖縄の米軍基地問題を考えるセミナー

早稲田大学アジア研究機構の友人から次の案内が来ました。ご検討ください。

「みなさま

お世話になっております。

連日猛暑の日々ですが、お元気ですか?

さて、今回はお願いがあってメールいたしました。

大変急なのですが、7月17日に沖縄の米軍基地問題を
考えるセミナーを催します。
8月10日から公開されるドキュメンタリー「標的の村」の
試写会からの帰りに、その内容に衝撃を受け、このドキュメンタリーを
一人でも多くの人に見てほしい、そして、沖縄現実、ニッポンの現実を
考えてほしい―と企画致しました。
大学の夏休みが始まる前に、そして特に参議院選前なので、学生を始め、
一般の方々にもこの国の在り方を考察する機会になればと思い、直近の
企画となりました。
黙殺され続ける「沖縄の怒り」の温度を皮膚感覚で捉え、考える
セミナーとしたいです。

詳しくは、↓当機構HPをご覧いただければ幸いです。
http://www.kikou.waseda.ac.jp/asia/WSD520_open.php?KikoId=02&OshiraseID=298&
kbn=0

下記は「標的の村」のオフィシャルHPです。
既にご覧になっているかもですが、ご参考に貼り付けます。
アクセスして頂き、【予告編】をクリックしてください。
(セミナー終了後に流す予定です。)
http://www.hyoteki.com/

みなさんのネットワークで繋がっている方々に当セミナーを告知を
是非お願いしたい次第です。

ご協力の程、どうぞよろしくお願いいたします。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
吉岡 邦子  Yoshioka Kuniko
早稲田大学 アジア研究機構事務所
Organization for Asian Studies, 
Waseda University」
〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町513
120-4号館3階305号室(Ex.:79-2262)
TEL:03-3202-2539
FAX:03-3202-2542
URL http://www.kikou.waseda.ac.jp/asia/

このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.