平和外交研究所

ブログ

カレント

2015.05.12

(短文)イスラム過激派のリクルート‐香港など

米国の『VICE』誌の記事を4月14日付の『大公報』紙が報道している。その要旨。

 「過激派組織ISのリクルート目標の一つは多数のイスラム教徒がいる新疆である。この他、アフガニスタン、パキスタン、タジキスタンなども標的になっている。

 香港に住んでいる東南アジア出身のイスラム教徒はリクルートの格好の対象になっており、ISのリクルート担当者はインドネシア人メイドにビラを配り、アラーをたたえ、彼女たちに黒っぽく地味な服装をするよう勧めるとともに、志のある者は新疆へ行って言葉で使命を聞くよう呼びかけている。
 2014年7月、ISの指導者バグダディは、「兄弟であるあなたたちを我々は待っている」とビデオ声明で呼びかけた。その当時はあまり注目されなかったが、最近、香港やその他の地で起こっている事件にかんがみると、バグダディの呼び掛けには注意が必要である。

 シンガポールの国防戦略研究所の報告では、アジアから少なくとも千名のイスラム教徒がシリアおよびイラクの戦闘に参加しており、その大部分はインドネシアとマレーシアからである。8月にシリアで死亡したマレーシアから来たMat Sohの生前のプロフィールと葬儀の際のビデオが過激派の中で出回っている。」

このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.