平和外交研究所

ブログ

カレント

2013.04.07

MDと集団安全保障

日本の防衛大臣、北朝鮮がミサイルを米国に発射し、日本が撃墜できるのに何もできないということがないよう集団的安全保障を認める必要があると発言。
QC
北朝鮮からミサイルが発射されたとして、米国を攻撃しているとだれが判断できるか。米国の判断に従うか。どの国に対し、いつ、どのような状況で戦争を始めるかはイラクの例を見てもきわめて困難かつ政治的な問題。
瞬時に判断を求められる事態は集団的自衛権の必要性を説明するのに不適当。
米国はかりに判断を間違っても、事後処理をする力があるが、日本にはない。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.