平和外交研究所

ブログ

カレント

2013.10.08

旭日旗に対する韓国の反発

2013年9月、競技場などで旭日旗を掲げた者に懲役刑や罰金刑を科す法案が韓国議会に提出された。旭日旗については最近韓国で、あるいは海外で韓国系の人たちによって問題視されることが多く、ナチス・ドイツのハーケン・クロイツと同様の政治的意味があるとか、日本のかつての「帝国主義」を象徴するとか、言われており、また、日韓間で問題になったケースはスポーツに限らず、文化的な催しにも広がっている。具体的な諸例はウィキペディアの「旭日旗」の項をご覧になることを勧めたい。
一方、太陽の光が周囲を照らしている状況を図柄にすることは日本に限らず、世界各地で昔から行なわれており、韓国人がそれをどのように嫌悪しようともなくならないであろう。また、韓国の主張が最近行われるようになったものであり、説得力に欠けるという指摘も行なわれている。しかし、日本側でも旭日旗を掲げて反韓デモの行進を行なっており、韓国人をいたずらに刺激している面もある。
全体の状況はかなり複雑であるが、このような問題に対して政府は冷静に対処すべきであり、国民の感情をあおるようなことは厳に慎むべきである。また、個人としては、理屈はともかく、韓国では旭日旗を嫌う傾向があるのも現実であることを忘れないほうが不必要な摩擦を避けるのに重要であろう。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.