平和外交研究所

ブログ

カレント

2013.09.13

北朝鮮の黒鉛減速炉再稼働?

北朝鮮は寧辺(ヨンビョン)にある黒鉛減速型原子炉を再稼働しているか、あるいはその準備を始めていると報道されている。米ジョンズ・ホプキンズ大学の北朝鮮研究グループの衛星写真分析結果に基づくものであり、韓国ではこれに対し、まだそうは言えない、わざとそう思わせているだけだという声もあるようだ。北朝鮮はさる4月に黒鉛減速炉を「再整備、再稼働する措置をとる」と表明していたから今回の報道が正しいと見るのではないが、核の問題に関する韓国の見方には甘いところがあると、私はかねてから思っている。
北朝鮮で起こっていることについては少々違った角度から疑問がある。4月の発表時にすでにあった問題であるが、北朝鮮は二〇〇九年に、従来から使用していた黒鉛減速炉の代わりに各国で使用されている軽水炉を自力で開発することにしたと訪朝した米人科学者に述べており、その際は二〇一二年までに軽水炉を完成させるとしていた経緯がある。しかし、それは少なくとも時間的に無理だというのが米人科学者の見方であったが、準備、とくに軽水炉に必要な濃縮ウランを製造する施設は当時すでにできており、訪問した人たちは「顎が外れるくらいに驚いた」そうである。米人の表現であり、日本語なら「腰が抜けるほど」と言ったところであろう。
二〇一三年四月の黒鉛減速炉再稼働の発表は、二〇〇九年の軽水炉計画とどのように関係していたのか、気になるが、今でもはっきりしていない。推測にすぎないが、軽水炉計画が遅れているので、とりあえず方針を一部修正して、黒鉛減速炉も再稼働させることとしたのかもしれない。
北朝鮮では、「人工衛星」発射実験、核実験、さらにその一連の流れのなかで行なった朝鮮戦争の休戦協定破棄宣言、さらには高級軍人の頻繁な人事異動など変化がかなり激しく起こっており、これらは金正恩第一書記の采配(口出し?)が原因ではないかと思っている。黒鉛減速炉についてもそのような面があるのかもしれない。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.