平和外交研究所

ブログ

カレント

2013.08.30

北朝鮮総参謀長の再度の解任

北朝鮮の金格植(キム・ギョクシク)軍総参謀長が解任されたと韓国の中央日報が報道している(8月30日)。金格植は今年5月に玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)の後任として総参謀長に昇進したが、わずか3カ月で更迭されたことになる。
いつものことながら、北朝鮮内部で何が起こっているか情報は少なく、分かりにくいが、金正恩が高級軍人の人事をいじるのが目立っており、金正恩が就任以来軍のトップである総参謀長)を交代させるのはこれで3回目である。金格植は金正日時代の総参謀長であり、2010年に韓国・大延坪島砲撃を指揮した強硬派と目されている。これが2012年7月に玄永哲に交代していることが判明した。金正日によって任命された総参謀長を挿げ替えること自体かなり大胆なことであったが、金正恩は今年の5月に再度人事に手をつけ、玄永哲をクビにし、金格植を総参謀長に復帰させた。その金格植をわずか3ヵ月でまた解任したのである。これはかなり異常な人事である。
金正恩第一書記は高級軍人の任免をそれほど激しく繰り返せるほどに権威を確立しているのか。それとも、側近の影響が強いのか。
今回の人事で、後任には李永吉(リ・ヨンギル)作戦局長が大将昇進と同時に任命された。「新しく総参謀長に昇進した李永吉は江原道駐屯の第5軍団長を務めた軍部の少壮派に分類される。5月には崔竜海総政治局長の北京特使訪問に随行するなど、金正恩時代に入って浮上した軍首脳部に挙げられる」と中央日報は解説している。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.