平和外交研究所

ブログ

カレント

2013.08.19

米軍の駐留に関する米比協議(中国の見方)

米軍の駐留問題に関するフィリピンと米国の協議が8月15日に終了した。これに中国が強い関心を示しているのは当然だが、どのように思っているのか。
南沙群島の正面に位置するパラワン島のフィリピン軍基地に米軍が駐留する可能性があること、その規模、装備などは不明であること、新しい米比協定は行政協定でありフィリピンの上院の批准を要しないこと、など事実関係の報道に努めている(多維新聞8月16日)。
つぎのような言及もある。
「中国とフィリピンとの間の南沙群島およびその周辺海域の領土をめぐる争いはますます激化している」「米軍の勢力拡大は新たな緊張を作り出す可能性がある」「フィリピン当局が駐留米軍の規模、いつ駐留するかについて何も説明しないのは「人を心配させる」」「ワシントン・デイリーによれば、「中国は、米国が軍事的プレゼンスを拡大させることに対し逆にネガティブな反応をする可能性がある。米軍増強はフィリピンの安全を高めると同時に、中国の強硬な反応を惹起する両刃の剣である」と報道している。」



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.