平和外交研究所

ブログ

中国

2013.08.12

習近平、毛沢東思想と鄧小平理論を語る

習近平が最近行った講話で、毛沢東思想と鄧小平理論を統一する必要があると述べている。
どこで、どのような会議であったか、政治局常務委員会会議であった可能性もあるが、詳細は分からない。新浪網のブログが報じたが、すでに削除されている。
その講話のなかで習近平は次のようなことを述べているが、これをどう解釈するのか問題である。少なくとも、改革開放の大方針の下でさらに経済建設を進めていくだけでなく、革命性を重視した毛沢東の思想からかい離してはならないと語っている。また、習近平の強調してきた大衆重視に反対する考えがあることにも明確に言及している。
「どのように毛沢東と鄧小平を統一するか。鍵は「民主」である。
理論の停滞(「被動」でこれは「受け身」が通常の訳であるが、「受け身になる状況」を指すこともある。最近よく使われる)が政治の停滞にならないようにすることは、現在の党建設および党の理論建設における喫緊の課題である。
党外の一部の人間は、ふたつの三十年を使って我々の理論、路線を否定しようとしている。はなはだしきはさらに進んで我々の政治体制を否定しようとしている。
党内の一部同志は、自身の理論水準の至らなさのため、あるいは、各種の官僚主義、官僚主義的意識のため、意図的に二つの三十年を分裂させ、毛沢東思想と鄧小平理論の有機的統一を妨げようとしている。
もし、毛沢東思想とその歴史的地位を否定すると、天下は大乱になる。
一部の人は、「維穏(秩序維持)」の旗印の下に党員幹部や党を批判する大衆を抑圧している。これはよくない。
毛沢東は我々の党の変身を憂慮し、党が人民大衆の頭の上に乗る反動政党、官僚資本主義政権になることをおそれていた。
我々は、まず毛沢東思想と鄧小平理論から回答を探さなければならない。」



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.