平和外交研究所

ブログ

中国

2014.07.26

中国雑記 7月26日まで

○中共中央は昨年、言論統制を強化したが、今年は西側の憲法政治論(憲政論)や普遍的価値観論など意識形態に関する攻防戦でさらに強硬な姿勢を見せている。国家安全委員会は成立してまだ数カ月もたたないうちに海外のNGOをチェックするキャンペーンを開始した。7月20日には中央組織部(人事を担当)が前面に立って党政の幹部に対し、中華民族の優秀な伝統文化を含む思想教育を強化し、共産党員の信念と精神の祖国を守り、西側の意識形態に関する喧騒に影響され言いなりになることがないよう指示を出した(多維新聞7月20日付)。
○最近まで中共中央弁公庁(総書記の書記役だが、実際には医療、保安、通信なども任されている)の主任であった令計画(現全国政治協商会議副主席)の兄や姉が逮捕されている(同新聞7月24日)。



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.