平和外交研究所

ブログ

中国

2014.05.02

中国雑記 4月30日まで

○国家検査院(国家審計署)は国有企業に対する検査の一環として、4月17日から国家電力網公司の主要幹部に対し、数百名による監督検査を実施した。国家電力網公司は2002年12月に成立、国家の認可を経て投資・設立された機構であり、国有支配企業(国家控股公司)の試験単位である。検査院はさらに中国電力投資集団でも、今年の6月に引退予定の同集団党書記・総経理の陸啓洲の退職検査を行なった。(大公報4月30日)

注 国有企業は利権と権力が絡み腐敗の温床となることが少なくない。国家電力網公司は国家電力公司の電力輸送、変電、配電関係部門が分離独立した企業。電力関係は李鵬元首相の勢力圏であり、今回の検査が李鵬や同人が保守的な立場から重要な役割を演じた天安門事件の再評価に関係するか注目していく必要がある。

○中共政治局は今週、十年ぶりに経済状況の四半期レビューを行なった。習近平政権の経済成長重視姿勢の表れであり、今年初めてのギアチェンジ(換挡)である。ギアチェンジは同政権のキーワードになっている。
(大公報4月29日)



このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.