平和外交研究所

ブログ

中国

2016.06.21

(短文)農民の権利保護か、中国の安定重視か‐烏坎村事件の再発

 烏坎(ウーカン)村事件とは、2011年秋、広東省の一農村、烏坎村で発生した村民による抗議事件だ。問題となったのはこの村の共有地467ヘクタールが村民の知らないまま売却され、村民にはわずかな補償しか与えられなかったことで、ここまでは中国の農村でよく起こる農民無視の開発問題だが、烏坎村では約3千人の村民(村の人口の約4分の1だから、主要な働き手の大多数が参加した)が抗議して当局と激しく衝突し、鎮圧を図った警察隊を村に入れないよう阻止するため村民はバリケードを築いて対抗するなど大規模な騒動に発展した。この問題は海外でも注目され、危機感を抱いた党中央は広東省党委員会に、管理者側の責任を認め、村民の要求に理解を示す形で収拾させた。

 それから約5年たつが、烏坎村では再び抗議の声が上がった。村民の指導者である林祖戀は、問題の土地がまだ返還されないので、村民大会を開くことと、上級官庁に対して「上訪(上級官庁に訴え出ること)」を計画し、その許可申請を行った。
 林祖戀は村民に対し、指示に従うこと、物を壊してはいけないことなどを言い聞かせるとともに、大量の旗とスローガンを準備し、かつ、「護法隊」を組織するなどした。
 しかし、林祖戀は6月18日、当局によって強制的に連行されてしまった。
 一方、村民大会は武装警察が取り巻く中で予定通り開催された。3千人を超える参加者は「我々の土地を返せ!我々の書記を返せ!」などと叫びながら村内を半時間デモ行進した後大会に出席した。大会では林祖戀の妻、楊珍の呼びかけに応じて、21日から「上訪」を開始することが決定された。

 現在のところ5年前のような衝突事件には至っていないため注目度は低いが、この5年間、農民の不満は解消されず、党中央は時間稼ぎをしたに過ぎないのかもしれない。
 5年前の事件発生のときは胡錦濤が国家主席であった。今回は習近平主席がどのような対応をするかという点でも注目される。習近平は国家の安定を重視する一方、農民の権利擁護も強調している。同主席は一部に「左翼」だ、つまり、本来の共産主義思想に忠実だと言われるくらい農民重視だ。
 

このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.