平和外交研究所

ブログ

中国

2016.05.30

(短評)アセアン‐ロシア首脳会議と中ロ関係

 アセアンとロシアはさる5月19-20日、ロシアのソチで「対話パートナシップ」20周年を記念して首脳会議を開催した。
 「対話パートナシップ」は1996年から開始され、2005年に第1回、2010年に第2回の首脳会議が開催された経緯がある。

 今次会議の結果発表された宣言は南シナ海問題について次のとおり言及した(第9項)。
“ Ensure maritime security and safety, freedom of navigation and overflight, unimpeded commerce. Promote self-restraint, non-use of force or the threat to use force and the resolution of dispute through peaceful means in accordance with universally recognised principles of international law, including as stated in the United Nations Charter, the 1982 United Nations Convention on the Law of the Sea (UNCLOS) and the relevant standards and recommended practices of the International Civil Aviation Organisation (ICAO) and the International Maritime Organisation (IMO)”

 それから5日後(25日)、ラオスの首都ビエンチャンでASEAN国防相会議が開かれ、その宣言は次の通り述べた(第14項)。
“Reiterate the importance of maintaining peace, stability and security as well as upholding freedom of navigation in, and over-flight above, the South China Sea as provided for by universally recognized principles of international law, including the United Nations Convention on the Law of the Sea (UNCLOS)”

 両方の宣言を比較すると、表現が多少違っているところはあるが、大筋は同じであり、「航行、飛行の自由」「国際法の原則に従うこと」などのキーワードはどちらにも含まれている。

 一方、『多維新聞』など一部の中国語新聞は、ASEAN・ロシア共同宣言は当事者に「自制」を求め、かつ、「武力を行使しないこと」を謳っているためか、米国寄りの文言と見ているようだ。
印象に過ぎないと思うが、中ロ関係についての関心が背景になっている可能性はある。
 おりしも習近平主席は24日、中ロ国境付近の黑瞎子岛(黒竜江とウスリー河が合流する地点にある)に上陸視察した。同岛はもともと両国間の係争地で銃撃戦もあったところであり、中国では国境を画定した1999年の条約は「売国条約」だと言われ、締結した江沢民主席も批判されている。
 そのような経緯があったので条約締結以来初の中国国家主席の視察訪問が注目されたのだが、中ロ関係に影響を与えるようなことではないと思われる。

このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.