平和外交研究所

ブログ

オピニオン

2015.09.25

外交交渉の裏舞台はコミュニケーションにあり

これは9月25日、大学セミナー・センターで行った講義のためのメモです。講義を受けた人の便宜のためにアップしました。

外務省の研修
海外研修 言葉だけでない 他国の実情を理解しなければならない
キャリア組とノンキャリア組 
ドラマでも出てくる。警察物語。「たたき上げ」とエリート
外務省の場合、上級職、専門職、初級職 専門職が重要なのはコミュニケーションのため

外務省ではコミュニケーションはとくに重要
外務省と他の省庁との違いはなにか?
外務省には担当する分野がない。すべてに素人。これが特色。
他の省庁には所管する分野がある。
かつて外務省の副大臣、政務官などを務めた人は、よく落選すると言われていた。
特色がないこととコミュニケーションが抜群に重要なこと 奇妙な特色か

多様なコミュニケーション
パーティが多い?一時代前の認識? なぜ料理人が必要か。
食事しながら協議することは多い。日ソ交渉の例 日本では料亭でねまわしか。
酒を飲めないことはハンディでない。

出来レースは少ない。公開の場での議論を好む。
日本は安定志向が強い。そのため、会議でフリーに議論するよりシナリオが決められる。
専門家の会議、委員会と違う

マルチとバイ 代表部とは 国連 ジュネーブには代表部が2つ EU、ウィーン国際機関 OECD ユネスコ ASEAN
大使館との違い 相手が国か国際機関か。
1:1 1:多数
マルチは経験と語学力が必要
マルチのやりにくさ フォローがしにくい 待ってくれない 人には聞けない Geでは突然仏語に切り替わる。
バイ 欧州ではもめごと、イシューが少ない 協力が多い 
開発途上国では援助が多い 
特恵関税 特恵受益国及び地域 144(137か国、7地域)、うち特別特恵受益国(LDC)47か国
政治面で先進国と合わないことがある 人権 児童労働

任国のことを伝え、弁護し、任国に日本を伝える 
売り込み トランジスター 
本国を向くか任国を向くか 本国重視は容易だが尊敬されない。任国の説得も必要。

昔は研修先の人との結婚は禁止 任国を向き過ぎるから

米国の場合は任国、本国は必要なら調整もしてくれる 対米追随?
尖閣諸島の場合 米国は第三者でない 
在中国大使 「中国」「中華人民共和国」 日中友好のため熱弁をふるうのにブレーキ 歴史問題 尖閣諸島 南シナ海
在韓国大使 近いが相違点が多い 憲法についての考え ガバナンス
OBとマンスフィールド大使 議会で力があったことが退任後も役立った。日本に対する関心を持ち続けた。行動力があった。

コミュニケーション 微妙さ
相手が違うだけに困難 同じ漢字でも意味がズレている。
英語にも、和製英語 バイキング ノーサイド

世代を超えたコミュニケーションの問題 若者用語だけでない 靖国神社参拝の可否を問う世論調査

深くコミュニケーションするには知識と知的欲求が必要。興味があることには知的関心が向く、知識も増える
日本の得意なこと 「魚」と言っても何の魚か
成長漁 ワカシ→イナダ→ワラサ(ハマチ)→ブリ オボコ → スバシリ → イナ → ボラ → トド
欧米人 「肉」だけでは不可 子牛か成長牛か 雌か雄か 去勢しているか否か

拉致問題をめぐる日朝関係
9月23日付某新聞 見出し「北朝鮮、拉致調査覆さず」
「北朝鮮による日本人拉致被害者らの再調査をめぐる昨年からの日朝非公式協議で、日本政府が認定し、帰国が実現していない横田めぐみさん(拉致当時13歳)ら12人の拉致被害者について、北朝鮮が「8人は死亡。4人は入国していない」とした当初の調査結果を現段階で覆していないことがわかった。複数の日本政府関係者が明らかにした。」

ストックホルム合意 拉致問題、「特定失踪者問題」、遺骨の返還、残留日本人について特別調査委員会を立ち上げ再調査。

古屋圭司・拉致問題担当相は2014年9月1日、外国特派員協会で会見し、最初の報告が「夏の終わりから秋の始めに出てくるという共通認識を持っている」
「2014年末までには」
「1年」
「拉致問題は解決済み」
そして2015年9月23日の報道

イメージギャップの危険
北朝鮮を悪者呼ばわりするのは簡単 非人道的行為 テロ 韓国への攻撃 汚い罵り
しかし真実には迫れない スケープゴートが要る?

新聞記事の後半
「だが、北朝鮮が「改めて入境からの経緯を確認する」とした12人の認定被害者について、「8人死亡、4人入国せず」との過去の調査結果は覆っていないという。
 調査終了の目安だった「1年」を迎えた今年7月、北朝鮮が「いましばらく時間がかかる」と通告してきた後も、日朝双方は9月初旬にかけて計4回大連で接触したが進展は見られなかった。
首相側近は「認定被害者についてはゼロ回答との認識を持っている。『そんな報告は受け取れない。しっかりと調べ直せ』というのが日本の立場だ」と話す。また、官邸幹部は「北朝鮮は拉致以外の結果を先に出そうとしている。金が先に欲しいのだろうが、それではダメだと言っている」との認識を示している。」
北朝鮮は悪というイメージに合わせての発言?

生存しているというのは、そもそも調査はずさん、だから調査内容とは言えない、だから死亡したとは言えない
日本としては根拠をもって主張しなければならない
米国の思い込み 実はwishful thinkingだが米国としてはもっともな面がある

北朝鮮は何を求めているか。この分析が必要。
安全保障と生存確保が最重要 
朝鮮戦争 米国 核
冷戦下 中ソの後ろ盾 半分失った
金正恩の2大方針 核と経済発展
    過去の革命路線は消滅した?
中国関係との関係は冷え込んでいる

日韓関係
IPDHP 2015.08.10 「70年談話有識者懇談会の報告書‐韓国関係部分の記述には問題がある」
『朝日新聞』9月19日(AJWフォーラムから)韓国の文化交流 日本文学、変わらぬ人気 尹相仁(ユン サンイン)
「ソウルは、世界でも日本文学の愛好家が最も多い都市の一つだろう。大型書店では翻訳本はもちろん、日本語の原書、それも新書や文庫本まで並んでいる。かつて三浦綾子の「氷点」に感動した世代の子供や孫たちが、いま村上春樹や東野圭吾、宮部みゆきらの小説を楽しんでいる。
 日本による植民地支配が35年間に及んだ韓国では、解放後、日本文学が警戒の対象になった。李承晩(イスンマン)・初代大統領の排日政策により、日本文学は公には姿を消した。しかし、1960年に李大統領が退陣すると、そうした政策は和らぐ。すでに20代は日本語が読めず、韓国語に翻訳されるようになった。日本文学が外国文学になったわけだ。石坂洋次郎の作品が人気だった。
 私は55年に生まれ、70年代に大学生活を送った。夏目漱石、芥川龍之介、川端康成、大江健三郎らを韓国人の作家の翻訳で読んだ。確か最初に読んだのは、高校生の頃、太宰治の「斜陽」だったのではないだろうか。
 韓国では軍事政権のもとで検閲があり、作家たちの自由な活動は制限されていた。日本の小説は私小説、歴史小説、企業小説など実にジャンルが多様でダイナミックだったので、韓国の読者を魅了した。吉川英治の「宮本武蔵」、山岡荘八の「徳川家康」などがベストセラーになった。こうした人気に対し、一部の知識人は「植民地文化が我々の意識を侵食している」と批判した。しかし、書店から日本文学が消えることはなかった。
 今年6月、北京で韓国、中国、日本の作家らが集まり、「東アジア文学フォーラム」が5年ぶりに開かれ、私も参加した。日本からは島田雅彦さんらが出席した。日中関係の悪化で会議は延期になっていた。会議では、政府間の関係が悪化しているからこそ、作家たちは個人的信頼を築き、会い続けようということを確認した。
 韓国では日本との関係悪化にもかかわらず、日本文学の人気は相変わらずだ。政治は物事を短期的に見ようとするが、文化交流は発酵と熟成の過程を経て息の長い方向性を見いだす。水面は激しく波立っていても、海の中は静かだ。だが、ときに民衆はもろく、政治の嵐に吹かれる。研究や文化に携わる者は荒波にもまれてはいけない。
 韓国では、日本研究者は警戒と疑いの目で見られることがある。日本では韓国人の研究者は民族主義的だとみられる。両者に挟まれてつねに緊張状態を強いられる。しかし、だからこそやりがいがあるのだ。(構成・桜井泉)

この文章に違和感を感じない 日本がよいと言っているのではない 日本文学を評価している 客観的であろうとする姿勢が貫かれている 逆境にありながらよいものを楽しむ

2013.11.11 キヤノングローバル戦略研究所 「企業の力で「日本」の広報を」
日本経済新聞 「経済教室」2013年11月8日掲載
美根慶樹・古城佳子
(ポイント) ○企業活動により韓国のイメージは向上
       ○ソフト・パワーは国際関係を左右する重要な要素
       ○ソフト・パワーの源泉としての企業活動の活用が重要

「朝鮮通信使」
14世紀から19世紀まで 室町時代に3回、秀吉時代に2回、江戸時代に12回
朝鮮国王と足利将軍、秀吉、徳川将軍
外交交渉であった 
捕虜の返還 
足利義満は「日本国王」か 秀吉とは何者か 徳川将軍の地位 天皇がいるらしい
正式の国書か否か 印璽と年号 対馬藩での書き換え
雨森芳洲は当代随一の外交官 もっとも鎖国下では外交官などいるはずもなかったが
日朝は平等でなかった 軍事・政治的に日本は強かった
しかし、文化的には朝鮮が優位にあった? 通信使一行を迎え、日本の知識人は接触と交流を希望した
朝鮮人は精神的にゆとりがあったらしい 朝鮮側に残る文献

日朝関係はなぜ語られないか
明治以降日本は欧米を向いた 技術文明で圧倒された 追いつこうとした
征韓論の一般的説明 
「明治維新後日本は対馬藩を介して朝鮮に対して新政府発足の通告と国交を望む交渉を行うが、日本の外交文書が江戸時代の形式と異なることを理由に朝鮮側に拒否された。・・・朝鮮は頑として応なかった。また政権を握った大院君は「日本夷狄に化す、禽獣と何ぞ別たん、我が国人にして日本人に交わるものは死刑に処せん。」という布告を出した。
排日の風が強まったのに対し、日本国内においては征韓論が沸騰した。板垣退助は閣議において居留民保護を理由に派兵を主張し、西郷隆盛は派兵に反対し、自身が大使として赴くと主張した。後藤象二郎、江藤新平らもこれに賛成した。いったんは、明治6年8月に明治政府は西郷隆盛を使節として派遣することを決定するが、9月に帰国した岩倉使節団の岩倉具視・木戸孝允・大久保利通らは時期尚早としてこれに反対。最終的には太政大臣代理となった岩倉の意見が明治天皇に容れられ、遣韓中止が決定された。その結果、西郷や板垣らの征韓派は一斉に下野した。征韓論政変または明治六年政変とも呼ばれた。」
この説明だけでは、なぜ日本がそれほどいきり立ったのかよくわからない。徳川幕府などは何回も拒否された。これは関西人が西に関心を持たないようなものだ
朝鮮内部の政争 大院君と閔妃の鎖国継続か、開国か 
江戸時代までの日朝関係史とのつながり
日本は清、ロシアなどとの勢力争い 日朝関係に影響した?

2015.09.07

抗日戦争戦勝70年記念式典と韓国・北朝鮮

 9月3日、北京で行われた抗日戦勝70年記念式典に関する諸報道は軍事パレードに焦点を当てたが、その他にも注目すべきことがあった。
一つは、習近平主席が戦略的にこの式典を計画・実行したことで、これについては東洋経済ONLINEへの寄稿「抗日戦争記念式典にかける習近平の大国化戦略」を見ていただければと思う。

 もう一つの注目点は朴槿恵韓国大統領の出席だ。同大統領は、参加は好ましくないという米国の意向に逆らって参加を決断した。軍事パレードにも参列したが、他の参列者が立ってパレードを見ていたのと異なり、坐ったまま、サングラスをかけて見ていた。浮かぬ顔のようにも見受けられたので、朴槿恵大統領はどういう気持だったのか、いろいろと憶測を呼んだ。
 同大統領の心中など分かるはずはないのだが、あえて推測すると、もともと朴槿恵氏は文学少女的なところがあり、若い時には教師になりたいと思っていたくらいであり、恐ろしげな軍事パレードは体質的に合わなかったのかもしれない。また、以前であれば、強大な軍事力の中国は韓国にとって脅威となりえたことなどが胸中を去来していたのかもしれない。

 中国は朴槿恵大統領を厚遇し、約30人の元首級出席者のなかでプーチン大統領に次ぐ2番目の来賓として扱った。
 帰りのフライトのなかで、朴槿恵大統領は、習近平主席との会談で朝鮮半島および東北アジアの安定維持に両国が協力することなどを話し合ったと上機嫌で語ったそうだ。韓国内では、朴槿恵大統領の出席を成功と受け止め、支持率が上がった。

 一方、北朝鮮から出席した崔竜海人民軍総政治局長は端役として扱われ、出席者全体の写真撮影では2列目の端に立たされた。北朝鮮の代表なのに冷遇されたと話題になったが、崔竜海は他国の出席者より地位が低いので当然の扱いとも言える。
 金正恩第1書記自身が出席しなかったのは現在の中朝関係を象徴していたが、出席するなら朴槿恵大統領に劣らない、あるいはそれ以上の扱いを中国側に内々要求し、断られたという噂もある。真偽のほどは分からない。
 それはともかく、中朝関係の悪化は、習近平主席が朴槿恵大統領を厚遇したことと金正恩第1書記が欠席したことによりさらに進んだ感がある。
 金正恩はさる5月のモスクワでの対独戦勝記念式典の際には直前になって参加をキャンセルした。朴槿恵大統領はモスクワの式典に出席しなかったので理由でないはずだ。北朝鮮はロシアに対し、最重要の賓客にふさわしい待遇を求め、断られたのかもしれない。北朝鮮はドイツとの戦争に参加しなかったので、ロシアとしては特別扱いできないと対応しても不思議でない。

 金正恩第1書記は、来る10月10日の朝鮮労働党創立70年記念式典を北京の式典以上豪勢に開催することを考えていると伝えられている。式典に駆り出す人の数は3万人というので、北京の1・2万人の3倍近い。新型ミサイルなど北朝鮮自慢の兵器のパレードも予定されているそうだ。

2015.08.28

(短文)朝鮮通信使関連遺産を韓国とともに世界遺産登録!

 8月26日から瀬戸内海を旅している。鞆(広島県)で、江戸時代に行われた朝鮮通信使の遺産を世界遺産に登録する希望があることを知った。
 これは素晴らしいアイデアだ。韓国側にも関連の遺産があるので、日韓共同で登録を申請するのがよい。
 通信使の行列をえがいた絵は日本各地に残っている。通信使(正使)はじめ随員が日本人との交流で残した詩文は鞆など通信使が立ち寄った地に残っている。彼らの中には文化水準が非常に高かった人が含まれており、当時の日本の文化人は通信使一向との交流に熱心であった。
通信使一行が残した手記や旅行記が韓国に現存しているそうだ。彼らの目で見た日本人の生活は興味深い。
 朝鮮通信使を幕府がどのように扱ったについては、とくに政治的な面で議論があるらしいが、それはともかく、朝鮮通信使一行を一般の日本人は興味深く見守り、また、一行の文化水準に敬意を払っていた。いいことだけでなく、ケンカしたことなどもあったらしいが、それを含めて朝鮮通信使の受け入れ、接遇から日韓の文化交流の実態が浮かんでくる。世界中の人も興味を持つだろう。

このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.