平和外交研究所

ブログ

カレント

2013.12.19

米中両艦艇の接近

12月5日、米国のミサイル巡洋艦Cowpensが南シナ海で中国の航空母艦「遼寧」号の付近を航行中に、中国海軍の別の艦艇によって航路を遮られたと報道されたことに関し、米中双方が見解を発表した。米国防省は、このような船舶の接近は異常なことでなく、大事なことは危険が生じた際に当該船舶が国際ルールに従って行動することであると強調するなど、今回の事件を大げさに扱いたくないという態度を示した。また、国務省側は、この事件を重視し、中国側とハイレベルで話し合っていると説明した。これは米中両艦の司令官同士の話し合いであったらしい。
中国側も本件を早く鎮静化させたい意向を示し、中国の船舶は国際ルールを守っていることを強調しつつも、米中双方が友好里に話し合い問題を解決したと説明している。

この事件は米中双方とも大きな問題にしないという姿勢を取ってきたので鎮静化するかに見えたが、19日ヘーゲル国防長官は記者会見で、「中国の艦船が突然Cowpens号の前方100ヤードのところに割り込んできたのは無責任な行為である。アジア太平洋においてこのような事件が起こった場合に対処するために中国と何らかのメカニズムを構築する必要がある」と述べたので、収まりかけていた事件が再燃しそうになった。中国の一部新聞はこのことを報道しているが、ヘーゲル長官は記者会見での質問に答えて発言したものであり、また、重点は危機管理体制の構築の必要性にあったので、さらに問題が大きくなるとは思われない。

2013.12.18

張成沢事件に関する中ロ協議

張成沢処刑の翌日(12月13日)、王毅中国外相がロシアのラブロフ外相に電話連絡し、その2日後に中国の武大偉北朝鮮核問題代表が訪ロした。張成沢は核兵器問題にかかわっていない。しかし、中国の外相がロシアの外相に電話連絡し、そのすぐ後に中国の6カ国協議代表が訪ロしたというのは異例のことである。ロシア側の発表では中国と協議したのは6カ国協議であったということだけだそうだが、張成沢の粛清と無関係と考えることは困難である。
では、中国とロシアの間で張成沢に関して何を話し合ったのか。第三者には分からないことが多すぎるが、海外に拠点を持ち中国によく通じている多維新聞(12月17日付)は、「今回の事件に関し中国は一カ月前から張成沢が解任されることを把握していたが、政治局会議であのような形で逮捕され、それから間をおかずして処刑されることなどについては中国から事前に知らされていなかった。中朝間では重大問題について相互に通報し合うことを口頭で約束をしていたが、この肝心の時にそれは実行されなかった。中国はもはや単独では北朝鮮をコントロールできなくなっている。中国の外相がロシアの外相と事件後直ちに話し合い、対応策を協議したことはまさに中国に力がないことを示している」などと報道している。
興味深い内容であるが、さらに状況を観察する必要がありそうだ。

2013.12.15

張成沢の粛清

朝鮮中央通信が12月13日、金正恩第一書記の後見人であり、事実上北朝鮮のナンバー2であった張成沢前国防委員会副委員長が処刑されたことを伝えた。朝鮮労働党政治局拡大会議が党行政部長など同人のすべての職務を解任したのが5日前の8日、特別軍事裁判で「国家転覆陰謀行為」の罪で死刑判決を下したのが12日、その翌日に処刑したということである。今日でもこのようことが起こるのかと世界中が強い衝撃を受けたであろう。

なぜこのような事態となったのか。多くを推測に頼らざるをえないが、父親である金正日総書記が急死し、20代の若さで後継者となった金正恩が形式上のみならず北朝鮮の真の指導者としての地位を確立しようと努めてきたのに対し、経験豊かで、しかも金正恩の義理の叔父として後見役であった張成沢が金正恩のふるまいに危うさ、あるいは未熟さを感じて介入するようになり、そこから両人の間で意見の違いが生じ、深刻化していったのではないかと思われる。

金日成の直系といえども自動的に北朝鮮の指導者になれるのではない。金正恩の父金正日の場合も、金日成が死亡した後真の指導者として認められるまでにはかなりの時間がかかった。その間、北朝鮮は「苦難の行軍」と呼ばれる経済危機に見舞われており、金正日はそれを克服することで力量を示し、また、極端な軍事優先主義を取ることにより軍を手なずけ、指導者としての地位を確立した。
金正恩の場合は、年若く、後継者としての準備期間が短かったので指導者として認められるのに父親の場合よりさらに大きな困難があったはずである。金正恩自身誰よりもそのことを感じていただろうし、そのために父金正日の死亡後一時は張成沢の経験を重視し、労働党政治局員に引き上げた。
これに対し、張成沢は金正日の義弟でありながら、一時期退けられた後にカムバックするなど経験豊か、したたかであり、金正恩との関係では、形式上は補佐とは言え、どうしても自ら国政に関与し、采配を振るうことが多くなったのはむしろ自然なことであったと思われる。
張成沢は、北朝鮮が必要としている経済改革の関係で中国に頼ろうとし、中国もそのような張成沢を歓迎して受け入れた。中国はそもそも権力の世襲に否定的であり、金正恩が北朝鮮の第三代目の世襲後継者となったことに高い評価を与えていなかったという背景もある。
昨年8月、張成沢が「第3次黄金坪・羅先(羅津+先鋒)市共同開発のための朝中開発合作連合指導委員会会議」に出席するという名目で一大代表団を率いて訪中したのは、張成沢が前面に立って中国との関係を進める象徴的な出来事であり、中国もその訪中を重視し、胡錦涛主席が会談に応じるなど張成沢を支持する姿勢を明確に示した。
一方金正恩は真の指導者であることを確立するのに懸命であった。北朝鮮が国際社会の反対を物とせず、「人工衛星」と称するミサイルを打ち上げ、第3回目の核実験を敢行したこと、またその後国際社会から非難を浴びたが、米国を恐れない、戦争状態に立ちいたっても怖くない、と中国が辟易するくらい大胆に振る舞ったことなどは金正恩の地位確立のプロセスと切り離してみることはできない。それは新しい指導者としての肝試しの意味を持っていたのではないか。そして、金正恩はそれにパスし、軍としても頼れる指導者であることをアピールしたのではないか。
金正恩はさらに、軍自体をも自分に忠実な味方にしていったと思われる。軍のトップクラスをほぼ総入れ替えしたことがそのことを物語っている。軍の実質的ナンバーワンである総参謀長を2年の間に3回挿げ替えたことはその極め付けであった。これらは一歩誤れば自分の首を絞めることになりかねない危険な行為であっただろうが、この面でも金正恩は驚くべき大胆さを発揮し、やり遂げた。軍に対してこれだけの介入ができる指導者は世界広しといえどもまずいないのではないか。

張成沢がこのような金正恩をどのように見ていたか、よく分からないが、同人の行動を見る限り金正恩を警戒していた形跡はなかった。それどころか、前述の訪中では張成沢が指導者代行として振る舞った。しかし、そこには後に金正恩との対立が決定的になる前触れが潜んでいたように思われる。張成沢が率いたのは複数の党政の高官を含む50人にものぼる大代表団であり、そのようなことは金日成、金正日以外にありえないことであった。したがって、張成沢のこの訪中は、第三者的に見れば年若い金正恩を補佐することと映るであろうが、金正恩からすれば、張成沢は脇役としての則を越えて北朝鮮の政治を牛耳ろうとしている、看過できないと判断したのではないか。北朝鮮の発表によれば、張成沢は他にも罪を犯したそうであるが、両人それぞれの立場と認識のずれに比べればそれらは付随的な問題である。

張成沢が粛清されるに至る間、同人の妻であり金正恩の叔母である金敬姫が金正恩の行動に対してブレーキ役となった形跡はない。同人は、かねてから体調に問題があり、言われているようにアルコール中毒のせいかどうか確かめるすべはないが、2012年秋外交団と会見した際は立っていられないくらいの状態であったそうである。北朝鮮側の公式発表では張成沢には女性問題もあったそうであるが、少なくともそのことを問題視される状況があっても不思議でない。金正恩が行動を起こす前から離婚していたという見方もある。そうかもしれない。

金正恩は軍内の大幅な人事異動を進め、また張成沢を粛清するのに、党務の経験はあるが軍人ではない崔竜海(チェ・リョンヘ)を重用した。同人の父は以前人民武力部長(国防相)を務めたことがあるが、本人は軍人ではない。そのような人物が、金正恩の指示で動いたとは言え、軍内の改革に手を付けることは危険な試みであっただろうが、成功したようである。金正恩とその忠実な僕である崔竜海は軍をさらに頼もしい支持母体にしようと若返りを断行しているようである。

金正恩が行なったことを国際社会の基準でどう評価するかは別として、並々ならぬ力量の持ち主であることは証明された。金正日はそのような特質を見抜いていたからこそ、三男であるにもかかわらず正恩を後継者に選んだのであろう。皮肉なことに、金正恩は自分を選んだ父金正日の敷いた布陣を、自分が後継者に選ばれたこと以外はガタガタに壊して新指導者としての地位を確立したのであるが。
しかし、金正恩体制にはやはり不安定性がぬぐえない。金正恩に対して煙たいことでも言える人物、その権威を脅かす人物はいなくなってしまったが、国家を不安定化させる危険も潜んでいると見るべきであろう。物事が順調に回転している限り、金正恩の鶴の一声の下で北朝鮮は最短コースで目的に進んでいくであろうし、そのような傾向が経済建設面で現れることは北朝鮮の内外で歓迎される。しかし、北朝鮮の国民全員が金正恩に私淑したと見るのは早すぎる。彼らは恐怖でおののいているのであり、将来、金正恩としても国民の不満を吸い上げることがこれまで以上に必要になるであろう。今回の粛清は混乱の始まりという見方もある。

このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.