平和外交研究所

ブログ

ブログ記事一覧

2013.04.07

イラク・ファルージャ調査報告会

イラク戦争から10年、今も子どもたちの未来が奪われている。
イラク・ファルージャ調査報告会
~報告・高遠菜穂子氏~
-------------------------------------------------------------------------------------–
イラク戦争から10年が経過しましたが、今も戦争の傷跡は
深刻に残っています。
イラク・ファルージャなどでは、新生児の先天性異常が急増し、
大変深刻な状況のまま命を落とす子どもたちが後をたちません。
戦争が終わってから10年経過しても、子どもたちの命と未来は
奪われ、苦しみが続いています。
その原因は、ファルージャ攻撃で使用された劣化ウラン弾、その他
有毒兵器の影響と見られていますが、使用兵器に関する情報開示が
ないまま、原因も予防対策も特定されていません。
このたびヒューマンライツ・ナウは、ファルージャ総合病院と
高遠菜穂子さんの全面的な協力を得て、この問題に光りをあて、
事実調査報告書を公表します。
1カ月以上にわたる調査にあたられた高遠さんの報告を聞き、
今後国際社会と私たちに求められる対応を議論します。
ぜひ多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日 時/2013年4月11日(木)18:30~20:30
会 場/青山学院大学 青山キャンパス 総研ビル 9階 第16会議室
(正門を入ってすぐ右側の建物です)
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25

JR山手線、東急線、京王井の頭線「渋谷駅」宮益坂方面出口より徒歩約10分
地下鉄各線「表参道駅」B1出口より徒歩5分
資料代/1000円
主 催/特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ(HRN)
青山学院大学人権研究会

≪高遠菜穂子氏≫
イラク支援ボランティア。2003年5月のイラク初入国以来、支援を継続中。
現在は隣国ヨルダンでのイラク難民サポートの他、先天性障がいの
多発するファルージャでの医療ミッションに力を入れている。
2011年3月の東日本大震災後、南相馬でのボランティアをきっかけに
定期的に福島各地を訪れている。

●参加申込
ヒューマンライツ・ナウ事務局まで、Eメール(info@hrn.or.jp)、または、
FAX(03-3834-1025)にて、「4月11日イラク報告会参加希望」の旨と、
お名前・連絡先をご記入のうえ、お申込みください。

※予約不要でご参加いただけますが、人数把握の為、なるべく事前に
お申込みいただけると助かります。


<ご寄付のお願い>
ヒューマンライツ・ナウのイラク事実調査活動に関しまして、ご寄付を
いただけますと幸いです。ぜひご協力のほどよろしくお願い致します。

お問合せ先:
特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
メール info@hrn.or.jp/FAX 03-3834-1025/TEL 03-3835-2110

(さらに…)

2013.04.07

NPT準備委員会意見

Susi Snyderからのメール(atr authorized)
Dear Ambassador,
Dear Colleagues,
In advance of the forthcoming nuclear Non Proliferation Treaty Preparatory Committee meeting, IKV Pax Christi has prepared the attached recommendations paper.
IKV Pax Christi is a Dutch peace and security organisation working on a wide range of disarmament issues, including nuclear weapons. The organisation is a proud partner of the International Campaign to Abolish Nuclear Weapons (ICAN) and hosts the global secretariat of the Abolition 2000 Network.
The paper contains recommendations related to all three pillars of the NPT- disarmament, non-proliferation and peaceful uses. In addition, we include recommendations related to the establishment of a zone free of nuclear and other weapons of mass destruction in the Middle East.
NPT Members agreed in 2010 that any use of nuclear weapons would have catastrophic humanitarian consequences. IKV Pax Christi urges all states to reaffirm this statement at the 2013 PrepCom. In addition, we encourage States to make an explicit reference to the recent conference in Norway on the Humanitarian Impact of Nuclear Weapons, and to welcome Mexico’s initiative to host a follow-up meeting.
IKV Pax Christi is a firm believer in disarmament and non-proliferation education. Towards that end, the organisation is part of a funding consortium with the Dutch government that sponsors four PhD candidates focused on non-proliferation and disarmament matters. IKV Pax Christi also organises a student crash course in nuclear diplomacy, and will bring 10 students as part of our delegation to the NPT this year. The students are hoping to meet with many delegations and get first hand experience of the NPT and discussions expected to take place in Geneva. Please get in touch with me directly to set up a time to meet with this dynamic group of students.
I hope you find the attached recommendations useful as food-for-thought, and I am at your disposal to talk about them further.
With kind regards,

Susi Snyder

IKV Pax Christi

PO Box 19318
3501 DH Utrecht
The Netherlands
T 00 31 (0)30 233 3346
X//F 00 31 (0)30 236 81 99
M 00 31 (0)6 489 81 492
E mail snyder@ikvpaxchristi.nl
www.ikvpaxchristi.nl
www.NoNukes.nl

(さらに…)

2013.04.07

対馬を狙う韓国人

ソウル近郊・京畿道の議政府市議会が3月22日、日本政府に「対馬の即時返還」を求める決議文を採択したと韓国メディアが報道している。「地理的、歴史的、科学的にみても韓国領土であることは明らかだ」と主張しているのだがその根拠は乏しい。議政府市が「対馬は韓国領」の根拠としているのは、朝鮮王朝時代の地理書や1855年の英国地図、1865年の米国地図など。しかし、魏志倭人伝の根拠を超える説得力はなく、その上、これまで韓国側が実効支配した事実もない。韓国側の対馬返還要求は2005年2月、島根県が「竹島の日」を制定したことに対抗した動きだとする見方が有力だ。
2005年3月、南東部の慶尚南道馬山市議会が条例で「対馬島の日」を制定。馬山市がその後昌原市と合併したことにより、現在は昌原市の条例となっている。
産経新聞20130331

(さらに…)

このページのトップへ

Copyright©平和外交研究所 All Rights Reserved.